西九州新幹線の開業とともに在来線で運行を開始した観光特急「ふたつ星4047」が盛況です。これまでの「特急が通過する小駅」が停車駅となり、「観光列車の乗客をもてなす拠点」に変貌し、活気と戸惑いの中で人々を歓迎しています。

“海巡り列車”こと「ふたつ星4047」にて、これまで特急が停まらなかった駅へ

 西九州新幹線 武雄温泉〜長崎間が開業した2022年9月23日、長崎・佐賀の在来線(長崎本線、佐世保線、大村線)には新たな観光列車として特急「ふたつ星4047」がデビューしました。工業デザイナー水戸岡鋭二さんが設計・デザインを手がけたこの列車の運行区間は、有明海・大村湾など海の眺めの良さで知られ、キャッチコピーも「海巡りの列車」。車窓を楽しめる“水戸岡デザイン”の仕掛けが至る所に散りばめられています。

「ふたつ星」で列車デザインとともに押し出しているのが、沿線でのおもてなしやグルメです。

 特に有明海沿いをいく長崎本線 江北〜諫早間は、これまで“特急銀座“とも呼ばれるほど博多〜長崎間を直通する特急が行き交っていましたが、肥前鹿島〜諫早間では特急の乗降ができず、列車の行き違いで数分停車するのみでした。この特急がほぼ消滅したいま、「ふたつ星」はそれぞれの駅にしっかりと時間をとって停車。これまで猛スピードで素通りしていたビュースポットや、街の特産物を存分に楽しむことができるのです。

 またある意味見どころなのは、地域の人々のホームでのアピールぶり。そこには、つい1か月前まで「特急が通過する街」だった地域の人々が、「観光特急の停車駅」としてどう乗客を歓迎するか、試行錯誤を続けているように伺えます。

観光客がドドっと下りてきた!

 十数か所ある「ふたつ星4047」の停車駅のうち、肥前浜、多良、小長井、諫早の各駅(長崎本線)と千綿駅(大村線)では、それぞれ10分程度の停車時間が設けられ、多くの駅では特産品や景色を楽しめるような歓迎イベントが行っています。

 各駅で話を聞くと一様に、到着ごとの賑わいぶりに驚いていました。これまで朝晩に普通列車が少し混むくらいだった各駅にとって、「この駅には何がある? 名物売ってる? 買える?」と目をキョロキョロさせた乗客が観光特急(定員87名)から一斉に降りてくる経験は、これまでなかったといいます。

 中には運行開始後の動向から、「地元の洋菓子店に出店をお願いし、近所の幼稚園などにも動員をかけて、『ふたつ星』歓迎の体制を整えた」(多良駅)など、受け入れ体制を急きょ見直すところも。

 また特急列車激減の影響を大きく受けた佐賀県鹿島市では、“酒蔵の町”として知られている肥前浜駅への「ふたつ星」停車に大きな期待を寄せています。もとより駅舎内にはバー「HAMA BAR」があり、従来からの観光列車「36ぷらす3」も月曜日のみ乗り入れるため、日本酒を活用したおもてなしはお手のもの。これまで“博多直通特急でのアクセスの良さ”がPRポイントだった鹿島市は、いままで以上に観光に力を入れる様子が伺えます。

 ホームでは「ふたつ星」の到着に合わせて飲み比べセットや、大吟醸酒の販売が行われ、これを目当てに乗車された方もかなり多い様子。またパワースポットとして知られる祐徳稲荷の門前などからも、土産店や飲食店が出張しており、「観光地で待つことなく、こちらから会いに行く」という積極的な様子が伺えます。

 他にも、新幹線開業とともに「肥前山口」から改称した駅名のアピールが賑やかな江北駅(町名としては1932年から使用)や、特産の「彼杵(そのぎ)茶」を配布し(町役場の人いわく数量限定)、そのお茶との相性が抜群の「くじら焼き」(鯛焼きの巨大版)を販売する千綿駅(東彼杵町)など、それぞれの強みがアピールされています。

「ふたつ星4047」これからの課題

 運行開始から1か月が経過した2022年10月現在も、「ふたつ星4047」は乗車率が高止まりし、なかなか良い席がとれない状態が続いています。車内では「リゾートしらかみ」「伊予灘ものがたり」「奥出雲おろち号」など日本各地の列車に乗車したという人も多く、今のところ“観光列車慣れ”した人が多い印象です。

 乗務するスタッフもいまはかなり忙しいようで、車内ラウンジ売店の行列もなかなか途切れない様子でしたが、「客足が落ち着いたらツアー客が増えるのではないか」とも話してくれました。個人でゆっくり「ふたつ星」の旅をしたい人は、今のうちに乗車したほうが良いかもしれません。

 ただ、駅での観光客の歓迎や特産品・グルメの出店は佐賀県側に集中しています。長崎県側の事象としては、千綿駅での停車と2号車ラウンジで行われる波佐見焼の体験(予約のみ)はあるものの、景色を楽しむ以外の大きなイベントが取り立ててなかったのは気がかりです。新幹線のルートから離れ、特急の運行が激減した佐賀県側との温度差を感じないでもありませんが、運行日ごとに80人以上もの旅慣れた人々がホームに溢れるというチャンスをみすみす見逃すのも、もったいない気はします。

「ふたつ星」沿線はこのほか、長崎本線沿いには小長井など有明海沿岸のカキ小屋や、蟹の水揚げ港として有名で港全体が火山火口のカルデラ跡という世界的に珍しい景観を持つ竹崎港、大村線沿いには早岐(はいき)駅や南風崎(はえのさき)駅の鉄道遺産など、多くの観光資源があります。もう少し停車時間が増えれば、こうした観光資源への送り込みに「ふたつ星」を使うこともできるかもしれません。