13.1kmのバイパスのうち、橋は1.4kmです。

計画4車線、開通は暫定2車線で

 埼玉県上里町から群馬県高崎市にかけての国道17号のうち、ほぼ県境に位置する新・神流川橋が、2022年12月3日(土)15時に暫定2車線で開通します。橋は整備が進む「本庄道路」を構成する一部であり、同道路における開通はこれが初めてです。

 神流川橋の延長は1.4km。計画4車線です。開通後は現行の橋は通行止めとなり、特に埼玉県側は進入路の道路形状(交差点)が変更されます。

 そもそも本庄道路とは、国道17号の渋滞緩和や事故対策、防災・震災対策を目的に、そのバイパスとして2003(平成15)年に事業化されました。総延長は13.1kmです。特に現行の橋は1934(昭和9)年に架設されたものであり、老朽化が著しいことから優先的に架け替えが進められてきました。