いよいよ開通が来年度に迫ってきました。

トンネルと橋梁が工事大詰め

 岐阜県と福井県をむすぶ国道417号。大垣市・岐阜市と福井市とを最短距離でむすぶルートですが、その途中には急峻な山地が立ちはだかっています。

 その山地を超える最難所が「冠山峠」です。未開通部では林道が両県をつないでいますが、狭隘・急勾配で冬季含む約半年間が通行止め。ネットワークとして現実的ではない道路状況のため、ここにトンネルを主としたバイパス道路「冠山峠道路」が建設されています。

 冠山峠道路は2003(平成15)年に事業化。2014(平成26)年にはトンネルが着工し、すでに「冠山峠第1号トンネル(延長1238m)」「冠山峠第2号トンネル(延長4834)」とも貫通済みです。後者は福井県内でも最長のトンネルとなる見込みです。

 2022年10月末時点での工事進捗は、橋梁が一部を残し橋げた設置まで完了済み。切土や盛土工事のほか、トンネル内では舗装工事も始まっています。

 これまで揖斐川町〜池田町の所要時間は、林道経由で2時間35分、名神〜北陸道経由で2時間15分でした。しかし冠山峠道路の開通後は、そこから50分も短縮となる1時間25分と想定されています。近いようで遠かった岐阜県と福井県。それを通年で直結する新たな一般道のネットワークが生まれつつあります。

 冠山峠道路の開通予定は、2023年度内となっています。