東名高速でも有数の交通量がある横浜町田ICの下り線で、2車線ある合流部の片方の車線のみ延長し、合流位置をズラすという渋滞対策が行われます。しかし合流の仕方次第では、台無しとなってしまう可能性もあります。

横浜町田の2車線合流に対策

 東名高速でも有数の混雑を呈するICのひとつが、横浜町田ICです。ここは日本で最も交通量が多い路線のひとつ、国道16号「保土ヶ谷バイパス」が接続しており、横浜方面から東名下りへ向かうクルマが集中する場所。ゆえに料金所から本線へのランプも2車線が確保されています。
 
 ただ、2車線ランプの合流部は、ほぼ同一箇所であるためクルマが錯綜しがちで、渋滞が発生しやすいポイントにもなっています。そこでNEXCO中日本は2022年11月19日(土)6時より、渋滞対策の一環として車線運用を変更します。

 2車線ランプの合流部で、加速車線の外側(左)のみを約500m延長させ、合流位置をずらすというものです。2車線ランプは右側に赤、左側に青のカラー舗装が施され“分離型”に。それぞれの車線でスムーズな加速が可能となり、合流部での渋滞緩和が期待できるといいます。

 ただこの対策、合流の仕方次第では、全く台無しになる可能性もあります。

 というのも、延長される左側の車線で、従来のように「右側車線が合流しているから自分も合流しなきゃ」などと思って合流を始めてしまうと、左側車線をふさぎかねないからです。

ドライバーの意識が変わらないと台無し?

 NEXCO中日本東京支社によると、右側と左側の車線のあいだにラバーポールなどの仕切りは設けないとのこと。右車線と左車線双方のドライバーが、「加速車線の先頭で合流」を意識することで、初めて成功する渋滞対策といえそうです。合流部の手前から、看板でそのような注意を行っていくといいます。

 加速車線の先頭まで進んで1台ずつ交互に合流する方法は、その動きにちなんで「ファスナー合流」などと呼ばれ、近年、道路管理者が啓発を強化しています。合流部に差し掛かったら「合流できなくなる前に急いで合流しなきゃ」「その先まで進んでから合流するのはズルい気がする」といった意識から、加速車線のいたるところでクルマが合流しようとすることが、流れを著しく乱しているという実態があるからです。

 NEXCO中日本は一宮JCT(東海北陸道→名神上り線)にて、加速車線から本線への合流部をラバーポールでふさぎ、“加速車線の先頭でしか合流できなくする”という「ファスナー合流大作戦」を2019年から展開、渋滞損失時間が3割減少したという実績もあります。

 今回の横浜町田ICの渋滞対策は、その発展形といえなくもありません。対策の結果が注目されます。