イギリスは第2次世界大戦中、鉄やアルミニウムの使用量を抑えるために構成材のほとんどを木製とした「モスキート」を生み出しています。同機は当初の予想を裏切り高性能を発揮、万能機としてあらゆる任務に用いられました。

レーダーに機体が映らない! 一体なぜ?

 第2次世界大戦中の1940(昭和15)年11月25日、イギリス空軍の双発軍用機、デ・ハビランド「モスキート」が初飛行しました。当時、イギリスはドイツ空軍機の猛攻から、必死で本土を守っていた、いわゆる「バトル・オブ・ブリテン」の真っ最中。

 そのようななか初飛行した同機は、当初は爆撃機として扱われますが、その後、偵察機や昼間戦闘機、夜間戦闘機など様々なタイプが登場することとなります。それは、同機が当時の基準だと“特殊”な素材で作られていたからです。なんと、エンジンやプロペラ以外、ほとんどの部品がベニヤ板とバルサ材からなる複合木材で構成されていました。

 なぜ、このようなコンセプトになったかというと、ハナシは同機の開発計画が持ち上がった1930年代、イギリス空軍省から指名を受けた頃にさかのぼります。

 当時、同社の創始者であるジェフリー・デ・ハビランド氏は有事の際にアルミニウムが不足する可能性を予見すると共に、家具や木工分野の職人も動員できるようにと、当時でさえ時代遅れといわれた木材を、機体素材に使用した軽爆撃機を計画します。

 この木材を部品としたことが意外な効果を発揮します。レーダーに映りにくくなるという現在のステルス機のような特性を得たのです。

飛ばしてみたら戦闘機よりも速い!

 さらに、搭載されているエンジンが1710馬力のマーリンエンジン2基というハイパワーであったことがプラスに働きました。機体重量が軽量だったことにより最大速度667.9km/hという高速性を獲得したのです。このスピードは、当時バトル・オブ・ブリテンに参加していたイギリス空軍の最新鋭単発戦闘機だった「スピットファイア」Mark Iおよび同Mark IIを上回る驚異的なものでした。

 この高速性を活かせば、爆撃機以外にも使えるということになり、1941(昭和16)年5月には戦闘機タイプの試作機が完成します。この機体は7.7mm機銃4丁と20mm機関砲4門を機首に集中して装備するという大火力を誇りました。同時期には夜間戦闘機型も開発され、こちらのタイプは機上レーダーを機首に搭載していました。これら戦闘機型はおもにイギリス本土の防空にあたり、ドイツ軍機600機以上と、飛来してくる多数のV1飛行爆弾(ミサイル)を撃墜したといわれています。

 偵察機としても、同機は高性能を発揮しました。戦闘機以上の高速で敵地上空に侵入し、偵察後は戦闘機を振り切って離脱するという戦法でドイツ軍や日本軍を悩ませます。ヨーロッパでは、大戦末期にドイツ空軍がメッサーシュミットMe262ジェット戦闘機を登場させるとその高速優位性は失われたものの、日本軍相手のビルマ戦線では、その優位性を最後まで維持しました。

 同機は各タイプ合わせて7700機以上が生産され、イギリス軍の他にもアメリカ陸軍航空軍(後のアメリカ空軍)や、戦後はベルギー、ノルウェー、イスラエルなどでも使用されました。