新橋から横浜を結んだ日本初の鉄道が開通し、今年で150年を迎えました。新橋はいわば、日本の鉄道発祥の地。地元の東京都港区で70年以上にわたり鉄道の発展を見てきた筆者が、新橋駅周辺の変遷を紹介します。

実はかなり広かった150年前の新橋駅

 1872年(明治5年)10月14日に新橋〜横浜間で日本初の鉄道が開通し、今年で150年を迎えました。同時に開設された新橋駅、品川駅、そして両駅間の海上に設けられた線路「高輪築堤」は現在の東京都港区に所在。鉄道の発祥地でその進歩を70年以上にわたり見てきた港区民として、この地区の鉄道の歴史を3回に分けて紹介します。第一回は「新橋駅」です。

 長く続いた徳川幕府から明治政府になり、新しい文明開化の象徴として登場した鉄道。その始発駅となったのが「旧新橋停車場」(現在の港区汐留地区)です。

 明治維新前の新橋エリアは、江戸城(皇居)を中心とした外濠や河川を利用した、外敵から守る江戸の街並みを形成していました。その影響もあり旧新橋停車場は、銀座地区の南側であり外濠の南側、現在の港区北端部にあたる汐留地区につくられました。

 停車場は当時としては画期的な2階建ての石造り駅舎と、出発・到着の列車が同時に停車できる島式のプラットホーム、そして“0哩(マイル)”の起点ポストがあり、それらが現代の「旧新橋停車場」に再現されています。当初の駅にはさらに、列車運行で必要な蒸気機関車の方向を変える転車台や、整備のための車庫などが設置されたとのことです。

 開通当時は広大な敷地にあった旧新橋駅の周りも、いまや高層ビルがそびえ、航空会社の本社はじめ、テレビ局、大手広告会社やホテルなどが点在するビジネス街に変貌しています。その西側にあるのが現在の新橋駅ですが、これは2代目の新橋駅です。

 明治末期より、品川から上野を結ぶ高架線(現在の山手線・京浜東北線)の建設が始まり、1914(大正3)年に現在の東京駅が開業します。それと同時に、高架線上の「烏森駅」が2代目の新橋駅になり、初代新橋駅は汐留貨物駅として新たなスタートを切ったのです。

東に“東京の台所”、西に“サラリーマンの憩いの場”を擁した新橋

 旧汐留貨物駅は、 “東京の台所”として全国からの物資が集積し、現在は廃止となった「築地市場」にも線路が延び、魚介類を中心に昼夜を問わず貨物が往来していました。その後、物流の主役がトラック輸送に代わったのち、広大な敷地を活用した都心部再開発を受けて、現在のオフィス街となっています。かつての姿を復元し開設された旧新橋停車場の鉄道歴史展示室(無料)は、2013(平成25)年に開設されました。

 現在の新橋駅には、JRは山手線と京浜東北線のほか、東海道線は2015年の「上野東京ライン」開通により宇都宮・高崎・常磐線(快速線)各線と直通に。また地下には横須賀・総武快速線も運行されています。駅の東側は東海道新幹線が通過するほか、ゆりかもめの始発駅も存在。さらに地下鉄は東京メトロ銀座線と都営地下鉄浅草線が乗り入れるなど、複合的なターミナル駅の様相を呈しています。

 駅舎反対の西側には新橋駅の象徴となるSL広場があり、実物のC11形蒸気機関車が置かれています。今でこそイベント広場にもなっているSL広場ですが、筆者の幼少期にはホーム側に向かってステージがあり、まだ普及前の街頭テレビ画面から流れるプロレス番組に多くの視聴者が競うように見入っていたのを記憶しています。さらに駅西側エリアには、霞が関の官庁勤めの公務員や駅周辺サラリーマンの憩いの場所となる多くの飲食街があり、昼夜を問わず活気を見せているのは今も変わりません。なお、反対側の汐留口付近にも、D51形機関車の動輪と、「鉄道唱歌の碑」があります。

 高架線の駅舎その前後の線路は、外板部分などに煉瓦を用いたアーチを形成しており、アーチ下に様々な店舗が入居しているのも、新橋駅周辺ならではの珍しい光景でしょう。周囲の風景を楽しみながら線路沿いを散歩するのもよいのではないでしょうか。

※撮影協力:東京都立産業技術高等専門学校 鉄道研究会 亀田知典、高橋広旭