山登りの先で「現金車入れません」とならないように……。

一挙11か所 NEXCO西日本管内で「ETC専用化」

 NEXCO西日本は2022年11月30日(水)、管内の高速道路11か所の料金所をETC専用として2023年春から運用すると発表しました。導入箇所は次の通り。

・新名神高速:茨木千提寺
・第二京阪道路:城南宮南(入口)、伏見(入口)、交野北(入口)
・浜田道:瑞穂
・高松道:津田東
・徳島道:美馬
・高知道:伊野
・今治小松道:東予丹原
・東九州道:都農
・長崎道:多久

 ETC専用化は国の方針に基づき、首都高とNEXCO東日本、中日本の一部ICや出入口で2022年春から始まっていますが、NEXCO西日本管内では今回が初めて。専用化される料金所では、これまでの「一般」レーンが、誤進入した現金車に案内をする「サポート」レーンに変わります。