今までで一番”勢ぞろい”感あるかもしれない…。

12月6日に広島線でデビュー

 JAL(日本航空)が2022年12月6日より、ディズニーキャラクターを全面にあしらった特別塗装機「JAL DREAM EXPRESS Disney100」を国内線に就航させます。運航は2024年2月ごろまでの予定です。

 担当機はボーイング767-300ER国内線仕様機「JA615J」。国内線ファーストクラス・クラスJ・普通席の3クラス構成で、252席を配します、就航初便は、6日のJAL261便(羽田14時00発→広島15時30分着)となる予定です。

 機体にはミッキーマウスやミニーマウスに加え、JALの「ディズニー」特別塗装機シリーズである「JAL ドリームエクスプレス」では初めて描かれるディズニープリンセスのエルサやピクサー作品のキャラクターたちなども登場。また、機内では限定版のヘッドレストカバーや9種類の特別デザインの紙コップが用意されるほか、1/200スケールモデルプレーンの国内線機内販売を皮切りにさまざまなオリジナル商品を発売するとしています。

「JAL DREAM EXPRESS Disney100」の就航は、JALとウォルト・ディズニー・ジャパンとのプロモーショナル・ライセンス契約に基づき、ウォルト・ディズニー・カンパニー創立100周年のセレブレーションを記念したもの。なお、2社の提携によって生まれた「JAL ドリームエクスプレス」は、これが12機目となります。