決まったルートなら自動運転最強?

路面に塗料を塗るだけでバスが動く!?

 日本ペイントホールディングスは、2022年12月10日〜2023年2月28日の間、自動運転装置を搭載した小型ディーゼルバス及び小型電気バスを滋賀県大津市で試験運行すると発表しました。

 日本ペイント・インダストリアルコーティングスが開発したLiDAR(自動運転用のセンサー)が認識できる特殊塗料「ターゲットラインペイント」を走路にペイントして実験が行われます。この塗料は、走行経路にペイントするだけで自動運転用のインフラ整備が可能となるもので、導入コストやメンテナンスコストを抑える可能性が期待されています。また、目視ではアスファルトと同化しやすい色のため、道路の路面標示と誤認しづらく、GPSが届かない場所でも走行可能とされています。

 今回の自動運転バスの実証実験は、大津市、京阪バス、京阪電鉄、先進モビリティ、ビプロジー、日本ペイント・インダストリアルコーティングスの共同により、国土交通省の令和3年度地域公共交通確保維持改善事業費補助金(自動運転実証調査事業)を活用し行われます。高齢化する住民の移動手段確保、観光客の二次交通充実を目的としています。