ちょっと今回のは「ギラッギラ」ですな!

767-300ER国内線仕様機「JA615J」が担当

 JAL(日本航空)が2022年12月6日より、ディズニーキャラクターを全面にあしらった特別塗装機「JAL DREAM EXPRESS Disney100」を国内線に就航させます。それにともなって6日午前、羽田空港内の同社格納庫で、機体が報道陣に公開されました。

 この特別塗装機は、JALとウォルト・ディズニー・ジャパンとのプロモーショナル・ライセンス契約に基づき、ウォルト・ディズニー・カンパニー創立100周年のセレブレーションを記念し就航しました。なお、2社の提携によって生まれた「JAL ドリームエクスプレス」は、これが12機目。ディズニーキャラクターが描かれたJAL機は、これが25機目となります。

 しかし、「JAL DREAM EXPRESS Disney100」のデザインは、これまでと比べても鮮やかさが増しているのが特徴です。

 担当機はボーイング767-300ER国内線仕様機「JA615J」。国内線ファーストクラス・クラスJ・普通席の3クラス構成で、252席を配します。

 機体の外装にはミッキーマウスやミニーマウスをはじめ、左側に4体、右側に5体、計9体のディズニーキャラクターが登場。エルサ(アナと雪の女王)、スティッチ(リロ&スティッチ)、ウッディ(トイ・ストーリー)など、「JAL ドリームエクスプレス」では初めて描かれるキャラクターも機体に出現しました。また、キャラクター1体ごとに背景のテーマカラーが変えられており、先代機と比べても明らかにカラフルなデザインになっています。

 なお、特別塗装に使用されたデカールは190枚。塗装の全体サイズは縦4.75m、横36mから37mになるそうです。

JALに新「ディズニー機」機内は?

 そのような「JAL DREAM EXPRESS Disney100」には、機内も特別機らしいアレンジが加えられています。

 機内では限定版のヘッドレストカバーが設置されているほか、乗客のドリンクサービス時には、特別仕様の紙コップが用意されます。ヘッドレストカバーのデザインは全7種で、ボーイング767の普通席配置である2-3-2列にあわせ、客席の縦の列ごとに異なるデザインが採用されています。紙コップのデザインは9種類(提供時、コップのイラストは選択不可)で、2023年夏頃、さらに9種類のデザインが登場する予定です。搭乗記念ステッカーも7種類用意され、乗客に配布されるとのことです。

 このほか、1/200スケールモデルプレーンの国内線機内販売を皮切りに、JAL国内線機や就航地の国内空港のJAL系列店舗などでは、2023年以降関連するさまざまなオリジナル商品を発売する予定としています。

 この機の就航初便は、6日のJAL261便(羽田14時00発→広島15時30分着)を予定しています。運航期間は2024年2月ごろまでで、JAL国内線のボーイング767投入路線で運航される計画とのことです。