派遣されたのは宮崎県の「イーグル」部隊です。

派遣されたF-15の燃料タンクにはタガログ語も

 フィリピン北部ルソン島にあるクラーク空軍基地に2022年12月6日、日本の戦闘機2機が到着しました。

 2機はフィリピン空軍と航空自衛隊の部隊間交流の一環として派遣されたもので、戦後、日本の戦闘機がフィリピンに降りるのは初めてのことです。

 派遣されたのは、宮崎県の新田原基地に所在する第5航空団第305飛行隊のF-15「イーグル」で、長距離飛行に備えて主翼下に吊り下げた燃料タンクには、今回の部隊交流の名称である「Pareho-22」という文言が描き込まれていました。説明によると、これは、フィリピンの公用語であるタガログ語で「共に」という意味の「Pareho(パレホ)」に、「2022年」の下二ケタの数字を組み合わせたものだそう。

 なお、今回の戦闘機派遣に合わせ、フィリピンには航空自衛隊トップの井筒俊司航空幕僚長や第5航空団が所属する西部航空方面隊の高橋秀雄副司令官らも訪れています。

 今回の部隊間交流は2022年11月27日(日)から12月11日(日)の日程で行われており、航空自衛隊員約60名が参加するほか、F-15戦闘機以外にもC-2輸送機などが派遣されています。