駅西側の線路がすっぽり覆われる!

南北通路や橋上駅舎、駅ビルを一体的に整備

 JR東日本は2023年9月1日(金)、中野駅の新駅舎や南北自由通路の整備、駅ビル開発の概要を発表しました。 

 事業では、駅西側の線路上空に新しい橋上駅舎を建設し、南北自由通路を整備。駅ビルも併設されます。これにより、現在の北口改札やコンコースの混雑が緩和される見込みです。
 
 新しい駅舎の規模は地上5階、塔屋1階建て高さ約28m。2階に駅舎と店舗(エキナカ商業施設)、3〜4階に店舗、5階に後方施設が入る予定です。駅西側の線路上は、新駅舎に覆われる形になります。
 
 駅ビル商業施設はアトレ、エキナカ商業施設はJR東日本クロスステーション デベロップメントカンパニーが運営します。
 
 新駅舎には、南北自由通路に繋がる改札口を新設。15人乗りエレベーター4基や旅客トイレも新設されます。各ホームにはホームドアも設置される予定です。新駅舎は白を基調とした外観で、壁面や屋上は緑化されることが特徴です。今後、新駅舎と南北自由通路は、2026年に開業する予定です。

 中野駅周辺では、「中野サンプラザ」があった場所は「中野駅新北口駅前エリア」として再整備される予定。 駅周辺ではこのほか、「中野二丁目地区」や「囲町東地区」で再開発が進むほか、「中野四丁目西地区」と「囲町西地区」でも開発計画があります。今後も工事がひっきりなしに工事が続きそうです。