いけちゃった、ってところなのかしら?

「ストレートベジタブルオイル」っていいます

 商船三井は2023年11月1日、グループ会社の商船三井内航が運航する貨物船「第一鐵運丸」(船主:鐵運汽船)で廃食油を直接重油に混合したバイオ燃料を用いた運航に成功したと発表しました。

 国内の植物油脂由来の廃食油を、船舶用燃料である重油へ直接混合した燃料を使用し、内航貨物船で一般的な499総トン型を運航することに成功しました。舶用燃料としての使用は国内初の取組みだそうです。

 従来のバイオ燃料は、廃食油とメタノールを化学処理して生成するFAME(Fatty Acid Methyl Ester:脂肪酸メチルエステル)が主な原料でしたが、今回使用したのは、食用油として使用した後の廃食油ほぼそのままの「ストレートベジタブルオイル(SVO:粗植物油)」と呼ばれるもので、これを船舶用のA重油と混合(混合率24%)させています。

 このプロジェクトは国土交通省による船舶バイオ燃料利用に関する調査の一環で、阪和興業がSVOを供給。三河湾と東京湾の間で1か月間使用し、燃料性などに問題がないことを確認したといいます。商船三井によると、「SVOはメチルエステル化処理や水素化処理を行わないため、他のバイオ燃料に比べてより一層の二酸化炭素削減効果と、より低コストでの供給が期待できます」ということです。

 バイオ燃料はクリーン代替燃料のなかでも、船の主機などを変えずに使用できるため、特に新燃料用のタンクなどの設備スペースが限られる小型内航船におけるCO2削減に向けた有効な手段となり得るといいます。