G7外相会合や日英「2プラス2」に参加するイギリス外相を乗せた特別機が羽田に飛来しました。巨大な「ユニオンジャック」を描いた派手な外観が特徴ですが、実は本来の姿は空軍の“空中給油機”です。なぜ政府専用機になるのでしょうか。

空中給油機ベースの政府専用機

 東京都内でG7外相会合が開催されるのに先立ち、日本とイギリスの両政府は2023年11月7日(火)、外務・防衛閣僚会議、通称「2プラス2(ツー・プラス・ツー)」を実施します。それに出席すべく、クレバリー外相とシャップス国防相を載せたイギリス側の政府専用機「べスピナ」(機体記号ZZ336)が同日午前10時頃、羽田空港に到着しました。

 同機はイギリス空軍が運用するエアバスA330-200MRTT空中給油・輸送機ですが、軍用機としては珍しく派手な塗装が施されているのが特徴です。航空自衛隊のKC-767を始めとして、軍用の空中給油・輸送機は、一般的にはグレーの塗装がほとんどですが、「ベスピナ」については白を基調に機体後部から垂直尾翼にかけて鮮やかに英国旗、いわゆる「ユニオンジャック」が描かれています。

 イギリスが大型の要人輸送機の運用を開始したのは2016年7月のこと。それまで王室や政府要人が長距離の移動を行う場合は、ブリティッシュエアウェイズなどの機体をチャーターしていましたが、国連安全保障理事会(国連安保理)の常任理事国であり核保有国でもある同国の首脳が、民間の定期航路で運航されているものと同じ機体を使用することは、セキュリティ面で問題がありました。

 そのため、トニー・ブレア政権時代に専用機の購入計画が持ち上がります。しかし、財政負担の大きさや、リーマンショックによる世界同時不況などの影響で見送られ続け、デービッド・キャメロン政権末期になってようやく導入へ漕ぎつけることができたのです。

サッカーW杯の支援任務に就いたことも

 このイギリス政府専用機「べスピナ」は、日本やドイツのように純粋な旅客機をベースするのではなく、「ボイジャー」と呼ばれるイギリス空軍の空中給油・輸送機A330-200MRTTを要人輸送に対応できるよう改造した機体です。

 機内には国王や首相だけでなく、同行する政府関係者や運航スタッフ、報道関係者、経済代表団などの搭乗を想定して、ビジネスクラス 58 席、スタンダードクラス 100 席を配置。記者会見や会議用のスペースも設けられています。政府要人が使うため、飛行中でも情報を集め指示を出せるよう通信機能が強化されていると目されているほか、機体がミサイル攻撃を受けることを想定した防護システムも備えていると思われます。

 なお、アメリカやインド、韓国などの政府専用機は、一目でその国の特別機とわかるデザインをしていることから、運航が行われる時は大きな話題になります。一方、オーストラリア空軍のA330-200MRTT (KC-30A)や、中国国際航空のボーイング747-8は、内部こそVIP(要人輸送)仕様になっているものの、専用の塗装は施されておらず、外観からは要人輸送に用いられる機体か否かは区別がつきにくくなっています。

 前出のイギリス空軍「べスピナ」も巨大な国旗を垂直尾翼に配置し、側面には金色で「UNITED KINGDOM」と大きく国名が表示されるなどしていることから、一見すると要人輸送に特化した運用をしているように思えます。しかし、首脳の外遊がない時は軍用機として通常の人員輸送や戦闘機などへの空中給油任務に投入されています。

 実際、2020年7月にはロシア軍機へのスクランブルに発進した戦闘機に対して空中給油を行っているほか、2022年12月にはサッカー・ワールドカップ(W杯)の警備支援でカタールに派遣され、同国空軍の「タイフーン」戦闘機に空中給油を実施しました。

地味な旧塗装での飛来は過去にあり

 そもそも、イギリスが「べスピナ」を要人輸送機に改造した当初は、他の「ボイジャー」と同じグレーの塗装でした。しかしボリス・ジョンソン政権が成立しEU(欧州連合)離脱後の新外交政策として「グローバル・ブリテン」を掲げるなか、イギリスを代表して世界中を飛び回る飛行機にふさわしい姿が求められたことで、現在の派手な塗装となった模様です。

 イギリス空軍は「べスピナ」の改修にあたって「スマートな新塗装は、貿易、外交、その他のミッションで大臣や王室、その代表団を輸送しながら、世界中で英国をアピールすることになる」とアピールしています。ゆえに、各種イベントでは同空軍のアクロバットチームである「レッドアローズ」と編隊飛行するなど積極的に活用しています。

「べスピナ」は旧塗装のときに来日したことはありますが、新塗装となってからの日本飛来はありません。今年(2023年)5月に広島市で開催された主要7か国首脳会議、通称「G7広島サミット」で来日したリシ・スナク首相も別機でした。

 そのため、今回の羽田飛来によって新塗装の「ベスピナ」が初めて日本国内に姿を見せたことになります。同機は短期間の滞在でイギリスへ戻る予定です。次はいつ来るのか、今から楽しみです。