アメリカ空軍のB-52戦略爆撃機から尾部機銃がなくなったのは、脅威がミサイルになったことや予算削減の影響だとか。しかし、実はその直前に起きた湾岸戦争で同士討ちをしたことも影響したそうです。

たった1人離れていたB-52の尾部銃座

 アメリカ軍は1930年代後半に4発エンジンの大型爆撃機B-17「フライングフォートレス」を採用して以降、現用のB-52「ストラトフォートレス」まで歴代の爆撃機には尾部に機銃を装備してきました。
 
 しかし、2023年現在、B-52の尾部機銃は撤去されています。なぜなくなったのでしょうか。

 そもそもB-52は、1952年に初飛行して以来、実に70年もアメリカ空軍の主力爆撃機として第一線に立ち続けています。そのため、何度もモデルチェンジを繰り返しており、初期型のB型から現用のH型まで複数種類が生まれています。

 そのうち最初に戦力化されたB-52Bから中期型といえるB-52Fまでは胴体後端に銃手席が設けられていました。この銃手席は小型のカプセルのような構造で与圧機能を備え高高度の長時間飛行にも対応したものでしたが、パイロットや爆撃手など機首に設けられたコックピットに搭乗している乗員が射出座席に座っていたのに対し、銃手席にはそういったものがなく、ほかの乗員と比べると緊急時の脱出性能で見劣りしていました。
 
 加えて尾部の銃手席には、もう一つ大きな問題がありました。それは、機体の重心から離れた場所に位置するため飛行中の動揺が大きいことでした。それは「コックピットが上下に1フィート(約30.5cm)揺れると銃座では6フィート(約1.83m)揺れる」とまでいわれるほどだったとか。

 この揺れは、B-52が就役した1950年代当初は高高度爆撃が中心であったため、問題にはなりませんでした。しかし、敵の防空体制が進化するにつれ低空侵攻の必要性が増すようになると無視できない問題になりました。低空を高速で飛行すると機体は気流の変化に敏感に反応するため揺れが大きくなります。実際、銃手席はかなりの揺れであったと想像されます。

危なかった! 味方からの誤射

 こうした事情を踏まえて、B-52G型からはレーダー照準装置を一新し、銃手席をコックピットへ移設しました。これにより銃手にも射出座席が用意され、かつ隣に座る電子戦士官と緊密に連携して任務を遂行できるようになりました。

 ベトナム戦争では、B-52Gが尾部機銃を使ってMiG-21を2機撃墜する戦果を挙げています。こういった実績もあって、およそ半世紀にわたり維持されてきた尾部機銃でしたが、湾岸戦争が終わると突如廃止が決定されます。

 アメリカ空軍はその理由として、爆撃機の脅威がミサイル中心に変化したこと、そして予算削減の圧力があったとしています。なお、この機銃廃止を発表した当時の戦略空軍司令官バトラー将軍も、難しい決断であったと述べたほどです。

 ただ、この決定に至るまでには前述の理由以外にもある出来事が影響を及ぼしたと言われています。それは、湾岸戦争中に起きたワイルドウィーゼル機F-4Gのミサイル誤射でした。

 ワイルドウィーゼル機は、自軍の攻撃機部隊の脅威となる敵のレーダーサイトと地対空ミサイル陣地を破壊することを主任務としています。その戦法は敵のレーダーサイトが発する電波の方向にめがけて飛んで行くAGM-88対レーダーミサイルを発射して破壊することです。このとき用いられるミサイルは「High-speed Anti-Radiation Missile」を略して「HARM(ハ―ム)」とも呼ばれています。
 
 イラク上空を飛行していたF-4Gワイルドウィーゼルの1機が、B-52の火器管制装置から発せられるレーダー波を、敵のレーダーサイトからの電波と誤認し、AGM-88ミサイルを発射してしまったのです。

圧倒的な空軍戦力を誇る米軍だからこその決断

 B-52 は、AGM-88ミサイルの直撃こそ免れたものの、至近で爆発したため胴体後部を損傷しました。そのため、このB-52は最寄りのサウジアラビアの航空基地に緊急着陸。損傷状況の調査から、地対空兵器によるものではないと判定され、最終的に同じ空域を飛行していたF-4Gから発射されたAGM-88による被害と断定されました。

 乗員に被害がなかったのが不幸中の幸いでしたが、その後、被弾したB-52はインド洋の真ん中にあるディエゴ・ガルシア基地を経由して、インド太平洋地域で唯一の大規模修理能力を備えるグアムのアンダーセン空軍基地まで戻されています。

 こういったことがあったのも、B-52から尾部機銃がなくなった一つの遠因でしょう。ただ、ソ連(現ロシア)や中国の爆撃機にはいまだ尾部機銃を装備したものが存在します。

 ひょっとしたら、アメリカ空軍が戦略爆撃機から尾部機銃を全廃する判断ができたのは、自軍の優れた制空能力、つまり世界一とも評される戦闘機戦力に自信があったからなのかもしれません。