運行形態がかなり変わる!

千歳線の運行形態を大幅に変更

 JR北海道は2023年11月15日(水)、2024年春から札幌駅と新千歳空港駅を結ぶ快速「エアポート」を増発し、停車駅を拡大すると発表しました。インバウンドの回復などにより、今後も新千歳空港の利用増が見込まれるため、空港アクセス輸送の強化を図るとしています。

 現在、快速「エアポート」は基本的に毎時5本が運転されていますが、日中時間帯(9時〜16時)に毎時1本を増発し、6本化する予定です。また、毎時1本が「特別快速」に、毎時2本は「区間快速」になります。利用が増加している桑園駅には、全ての快速列車が停車するようになります。

「特別快速」は現在、朝に新千歳空港行きが2本、夜間帯に札幌行きが2本、計4本が運転されています。ダイヤ改正後は日中時間帯にも運転されるようになります。
 
 普通列車に関しては、札幌〜北広島間で毎時2本を運転。千歳〜苫小牧間は、苫小牧方面からの普通列車が千歳まで乗り入れるとしています。