この日がついにやって来ます!

長年の「未開通部」にようやく本来の国道が

 福井〜岐阜の深い山岳区間をトンネルでむすぶ「冠山峠道路」が、いよいよあす2023年11月19日に開通を迎えます。昼は開通式典が執り行われ、17時から一般開放となります。

 福井県南越前町と岐阜県大垣市をむすぶ国道417号の、最難所ともいえる「冠山峠」。県境部は未開通部で、長い長い林道で山越えをする状況です。ガードレールの無い場所や狭隘・急勾配が連続する厳しい山道で、1年の半分は「冬季通行止め」となっています。

 この峠に、いよいよ延長4834mの「冠山トンネル」をはじめとするバイパスルートが開通します。この県境部は1年をとおして通行可能となり、アップダウンがほとんどない快適路となって、両県の所要時間は大幅に短縮されます。

 福井河川国道事務所のSNSでも、「いよいよ明日19日(日)17時開通!」という投稿が。同アカウントでは毎日刻々とカウントダウン投稿がされており、この道路にかける期待と開通への待ち遠しさが表れています。

 福井〜岐阜県境の高規格道路は、北側の郡上・高山方面へむすぶ中部縦貫道「大野油坂道路」が先月末に開通済み。背後の山脈に阻まれて「金沢か敦賀に出るしかない」という福井県の交通ネットワークの制約が、徐々に取り払われていきます。