今から80年ほど前の第二次世界大戦中、海軍が主体の空母とは別に、アメリカ海兵隊が専用に使える空母がありました。「海兵隊専用空母」は、海兵隊と海軍の双方にメリットがあったそう。どういうことでしょうか。

陸海軍とは別に自前の飛行隊があった海兵隊

 第二次世界大戦中、アメリカは大小約160隻もの空母を建造・運用していました。その中には、上陸作戦を主体とする海兵隊がメインで使う、いうなれば「海兵隊専用空母」のような性格の艦もあったといいます。それは、いったいどのような空母で、どんな役割を担っていたのでしょうか。

 そもそもアメリカ海兵隊は、戦前すでに海軍や陸軍と同様に有力な「自前」の航空隊を保有していました。だからこそ大戦末期に、海兵隊の飛行隊だけを搭載した空母というのを用意し、実戦に投入することができたのです。ただ、なぜ海軍飛行隊ではなく、海兵隊飛行隊だけを載せた空母を生み出したのか、それにはいくつかの理由がありました。

 アメリカ海兵隊は、もともと海軍の一部として誕生した歴史があります。そのため、独自に編成していた海兵隊航空隊が使用する航空機も、基本は海軍機がほとんどで、海兵隊での運用に向くように一部改修された機体もあったものの、多くは空母で運用可能な艦上機でした。こういった経緯から、海兵隊飛行隊のパイロットは訓練の一環として空母での発着艦も学んでいました。

 海兵隊飛行隊は、陸上基地、すなわち飛行場での運用をメインとしましたが、海兵隊の地上部隊が上陸した敵地に新たな航空基地を設営した際などは、最寄りの海域まで空母に載せて運び、沿岸まで来たら発艦して自力でその基地に展開するという運用が行われていました。

海兵隊専用空母の便利ポイント2点って?

 このように、使用機種は海軍の艦上機と同じで、海軍航空隊のパイロットほどではないものの、空母における発着艦を一通り身に付けたパイロットが操縦桿を握る海兵隊飛行隊は、戦争の激化にともなって不足するようになった海軍航空隊を補うため、空母航空団の一部に配置されて、海軍航空隊とともに運用されるようになったのは必然だったといえるでしょう。その結果、海兵隊飛行隊は「本家」の海軍航空隊に勝るとも劣らない戦果をあげるようになり、高く評価されます。

 そこで海軍と海兵隊は、一歩進めた運用を考えつきます。太平洋戦域でのアメリカ軍は、日本への反攻として、各島嶼に対する上陸作戦を実施していました。その際、空母搭載の海軍機と一部の海兵隊機が航空支援を行います。ここで、もし上陸した海兵隊地上部隊の航空支援を、同じ海兵隊飛行隊が行えば、地上と空の連携がスムーズに行えるのではないかとか考えたのです。

 しかも、メリットはそれだけではありません。これによって「手の空いた」海軍航空隊の艦上機部隊は、別任務を遂行できるようになります。

 こうして考えられたのが、海兵隊飛行隊専用の空母というわけです。これこそまさに、艦隊空母に軽空母、さらにはそれより小型の護衛空母を多数建造していたアメリカならではの発想といえるでしょう。白羽の矢が立てられたのは、約120隻も大量生産された護衛空母のなかで最終モデルとなったコメンスメント・ベイ級の2番艦「ブロック・アイランド」でした。

最新の強襲揚陸艦は現代の「海兵隊専用空母」?

 一方、海兵隊飛行隊を空母で運用する目的で、1944年中旬に「海兵空母飛行群」が編成されています。同飛行群の基本編成はグラマンF6F「ヘルキャット」戦闘機またはヴォートF4U「コルセア」戦闘機の昼戦型8機とレーダー搭載の夜戦型8機、それにグラマンTBM/TBF「アベンジャー」雷撃機(攻撃機)12機、総計28機です。こうして生まれた第1海兵空母飛行群が1945年2月「ブロック・アイランド」に配備され、海兵隊専用空母が誕生しました。

 以降、3番艦「ギルバート・アイランズ」に第2海兵空母飛行群、5番艦「ケープ・グロスター」に第4海兵空母飛行群、7番艦「ヴェラ・ガルフ」に第3海兵空母飛行群がそれぞれ配備され、最終的に海兵隊専用空母は4隻生まれています。これらのうち、「ブロック・アイランド」「ギルバート・アイランズ」「ケープ・グロスター」の3隻は実戦を経験しましたが、「ヴェラ・ガルフ」はぎりぎり実戦に間に合いませんでした。

 実戦に参加した期間こそ短かったですが、これら海兵隊専用空母は、上陸した海兵隊地上部隊への航空支援に加えて、艦隊防空でも夜間迎撃に活躍するなど、優秀な運用実績を残しました。

 終戦から約80年経った今日、海兵隊地上部隊とF-35B「ライトニングII」戦闘機やV-22「オスプレイ」、そして各種ヘリコプターを搭載する、アメリカ海軍の全通飛行甲板を備えた強襲揚陸艦が約10隻存在します。それらでの航空機運用はまさに、かつての海兵隊専用空母そのものであることから、最新のアメリカ級などは「進化した子孫」といえるでしょう。