1917年11月20日から12月7日にかけ、第一次世界大戦の欧州で史上初めて戦車の集中運用による軍事作戦が行われました。戦車は作戦初日にすさまじい威力を見せますが、以降は芳しくありませんでした。一体なぜなのでしょうか。

初めて戦車が本当の威力を見せた戦い

 今から100年以上前の1917年11月20日から12月7日にかけて、第一次世界大戦の欧州で史上初めて戦車の集中運用による軍事作戦が行われました。「カンブレーの戦い」です。

 イギリス軍はドイツ軍が「ヒンデンブルク線」と呼ばれる要塞群を構築したことで、膠着状態の続く戦線を打開すべく、交通の要所カンブレーに攻勢をかけることを決定します。この戦いでイギリス軍は当時の常識を打ち破り、進軍のための長時間にわたる準備砲撃を行わない決定を下します。第一次世界大戦が開戦されて以来、砲撃により敵の防御陣地を破壊した後に進軍するのが定石となっていましたが、砲撃に対応した巧妙に構築された防衛線が開発されたおかげで、効果は限定的となっていました。

 イギリス軍は、長時間の砲撃のかわりの突破点となる場所への、毒ガス弾を含めた短時間での集中砲火と、戦車の集中運用により奇襲性を高め、これまで難儀してきた鉄条網や機関銃陣地などの突破を試みようとします。そのために、主力となるマーク IV戦車が400両以上集められました。これは1916年9月に史上初めてイギリス軍が戦車を投入して以来、最多の数でした。

 この作戦では、戦車を先行させつつ、そのすぐ後方に歩兵と砲兵が移動し、砲撃支援や陣地制圧を行う歩砲連合と呼ばれる戦法が取られました。さらに上空の偵察機や地上攻撃機との連携も考慮されており、第二次世界大戦を先取りしたような、戦車、歩兵、砲兵、工兵、航空機のよる作戦行動を行った戦闘でもありました。

 戦闘序盤は完全にドイツ軍の虚を突いた攻撃により、イギリス軍優勢で進みます。特に戦車の突破力はすさまじく、それまで数十m進むにも万単位の死傷者を出していたのが嘘のようにヒンデンブルク線を越え、初日で最大約8kmも進むという大戦果をあげました。結局、作戦開始から1週間後の11月27日には、イギリス軍はカンブレー周辺に最大幅約11km、奥行き約9.5kmに渡る勢力圏を確保しました。

100年前から続く戦車の課題点

 しかし、イギリス軍の快進撃もここまででした。実は初日に投入された戦車の半分にあたる約200両が行動不能になっていました。当時の戦車は航続距離が短く、立往生した車両も多かったほか、ドイツ砲歩兵も巧みな戦法で応戦しました。比較的装甲の薄い側面や後方が、野砲での直接射撃や歩兵の迫撃砲によって狙われるなどし、撃破された車両が65両もありました。

 さらに、橋が戦車の自重で崩壊するなどの問題も発生し、戦車は突破口を作る役割こそしたものの、それ以降は目立った動きはありませんでした。

 戦闘が始まってから1週間以上経過した11月30日には、ドイツ軍の反撃が始まります。この戦闘でドイツ軍は、短時間かつ集中的な準備砲火と突撃歩兵による浸透戦術を試験的に運用し、戦線を一気に押し戻します。最終的に戦闘が終了する12月8日には、ヒンデンブルグ線を取り戻しただけでなく、カンブレ戦開始時点の地点よりもややイギリス側に最前線が移る結果となりました。

 初期段階で戦車が集中運用できなくなり、以降は突破口不足となってしまったことで、ドイツに反撃の機会を与えてしまったわけですが、それには前述した、ドイツ砲歩兵による巧みな対戦車戦が効果をあげたことも一因となっています。
 
 実はこの戦いでイギリス軍は、戦車のみを集中的に前線へと突出させる方法を取ってしまい、砲歩兵の待ち伏せに対応できなかったといわれています。当時の戦車は現在の主力戦車と比較にならないほどに視界が悪いもので、多方向へ散開する歩兵を捕捉するには困難が伴いました。

 作戦終了後、イギリス海外派遣軍司令官だったダグラス・ヘイグは、「戦車を行動させるためには支援する歩兵を連れて行かなければいけない」と見解を示しました。

※一部修正しました(11月28日14時55分)。

 こうした戦車の弱点は2023年現在も、あまり改善されていないといえます。ガザ地区への攻撃で、歩兵携行の対戦車ミサイルやロケット弾から車両を守るアクティブ保護システム「トロフィー」を備えたイスラエル軍の「メルカバMk.4」が、死角から肉薄攻撃を仕掛けられ損傷するケースなどが発生しています。これは「トロフィー」が周囲へ散弾を発射して来る弾を撃ち落す特性上、近くに歩兵を配置しての直接支援が受けられないためです。100年経ってもまだ、戦車を運用するのには歩兵の助けが必要なようです。

 ちなみに、毎年11月20日はイギリス陸軍で「カンブレーの日」とされており、史上初の戦車集中運用を行った兵士たちを称える日となっています。2023年現在でも同作戦に参加した王立戦車連隊は、世界最古の戦車部隊として現存。「カンブレーの日」の式典で中心的な役割を果たしています。