帰省ラッシュがないわけではないけども……。

渋滞予測に大異変 帰省ラッシュはどこへ?

 NEXCO3社と本四高速、日本道路交通情報センターは2023年11月28日(火)、年末年始期間(12月28日〜2024年1月4日の8日間)における高速道路の渋滞予測を発表しました。

 今回、10km以上の渋滞のピーク日は上下線ともに年始1月2日(火)です。下り線で20回、上り線で47回発生するとされています。

 一般的に、いわゆる帰省ラッシュといわれる12月29日(金)、30日(土)は、ともに下り線の渋滞が12回に留まります。逆に、一般的なUターンラッシュといわれる1月2日、3日に帰省ラッシュも重なるのか、3日も下り線で10回、上り線で34回が予測されています。

 上下線別で見ると、期間中に発生が予測されている10km以上の渋滞は下り線が計62回に対し、上り線が118回と大きく偏る予測。今回は帰省が分散される傾向のようです。

 各社管内で発生する特に長い渋滞は、次のように予測されています。

●NEXCO東日本
・下り:1月2日(火)11時頃、東北道 羽生PA付近、最大25km
・上り:1月2日(火)17時頃、東北道 加須IC付近、最大35km

●NEXCO中日本
・下り:12月29日(金)8時頃、東名高速 秦野中井IC付近、最大40km
・上り:1月2日(火)12時頃、東名高速 綾瀬スマートIC付近、最大30km

●NEXCO西日本
・下り:12月29日(金)16時頃、名神高速 大津IC付近、最大15km
・上り:1月2日(火)15時頃、九州道 広川IC付近、最大20km

●本四高速
・上り:1月2日(火)16時頃、神戸淡路鳴門道 淡路IC付近、最大15km

 高速道路各社は、渋滞予測内容を確認し、利用日や時間帯を変更するなど、渋滞を避けた利用を呼び掛けています。

 ちなみに、2022年度の年末年始は、事前の予測に対し渋滞が例年よりも大幅に緩和されました。これに対しNEXCO中日本は、正月の休みと成人式の3連休をつなげて、帰省やUターンが分散した可能性を指摘していました。今シーズンも1月4日(水)、5日(金)が休みになれば3連休とつなげられるため、Uターンラッシュも分散する可能性も考えられます。