成田以外の国内空港にも就航します!

767を貨物機に改修

 JAL(日本航空)グループが13年ぶりに導入する貨物専用機が、2024年2月19日より運航を開始します。これと同時に、就航空港などの計画も発表されています。

 JALはかつて多数の貨物専用機を運用していましたが、経営破たん後の2010年に貨物専用機を全て手放し、以降は、需要変動が大きい航空貨物事業において、旅客機の貨物スペースと、他社の貨物専用機のチャーター運航による事業経営を実施してきました。

 今回復活する「JALの貨物機」は同社の旅客機「ボーイング767-300ER」を改修したもので、国内では、成田・中部空港の2つを拠点とし、台北(桃園)、ソウル(仁川)、上海(浦東)の3つの海外空港に就航します。

 同社は貨物専用機の運航により「安定的かつ柔軟な供給を確保し、航空輸送力を強化します。また、成長する需要をベースにしたネットワーク戦略を展開することで、お客さまのニーズにお応えするとともに、持続的な物流インフラの発展に貢献してまいります」とコメントしています。