F-16「ファイティング・ファルコン」が初飛行から50年を迎えます。“正式な”初飛行日は1974年2月2日ですが、実はこれ以前に、同機は非公式に初飛行しています。正確には「飛んでしまった」のですが。

正式と非公式の初飛行があるF-16

 F-16「ファイティング・ファルコン」の正式な初飛行日は1974年2月2日。2024年で50周年を迎えます。しかし、これ以前に実は同機は非公式に初飛行しています。正確には、“飛んだ”というより“飛んでしまった”が正しいですが。

 1974年1月20日にF-16の試作機であるYF-16は、カリフォルニア州のエドワーズ空軍基地で高速地上走行テストを実施していました。

 この試験は、時速135ノット(250km/h)まで加速し走行したのち、停止するというものだったそうですが、テスト中に機体がバランスを崩し、大きく横方向に振られながら機首も上下動を繰り返し、左翼のダミーミサイルを滑走路にこすりつけてしまうほど傾きました。

 このまま走行を続けると、確実に事故になると判断した試作機のテストパイロット、フィル・オーストリッチャー氏は、空中の方が安全だろうと判断し、そのまま離陸。緊急措置で飛行してしまいましたが、機体の損傷は回避され、約6分間ほどの非公式な初飛行が行われることとなりました。

当初の補助的機体からベストセラーに

 F-16が正式採用された当初は、F-15を制空任務に専念させるための機体ということで、制空能力として欠かせない中距離の空対空ミサイル運用能力などは省略されました。また、全天候ではなく制限天候戦闘機として運用され、どちらかというと、攻撃機としての運用に特化した性能になっていました。
 
 しかしその後、1982年6月6日にレバノン南部のPLO拠点攻撃を目的にイスラエルがレバノン内戦に介入し、シリア空軍とベッカー高原で戦った際、F-16は同地区の航空優位を保つことに貢献します。たった1週間で44機のシリア空軍機を撃墜し、F-16は損害ゼロという功績をあげたのです。

 1980年代後半、全天候戦闘機のC型やD型が主力になり始めると、元々の設計意図とはかなりかけ離れた多用途対応のマルチロール戦闘機の代表格としての地位を獲得。世界屈指のベストセラー機になり、ライセンス生産などを含めると約5000機以上が生産されています。

 2023年1月24日には新型であるF-16ブロック70が初飛行に成功し、順次、購入国への配備が開始されています。ほかにも、ロシアの侵攻を受けているウクライナがデンマークやオランダで使用されていたF-16を求めるなど、同機の需要は依然として衰えていません。