アメリカで垂直尾翼を赤くした特別なF-35戦闘機が誕生しました。ただ、これは単なるスペシャルマーキングというわけではないようです。第2次世界大戦から続く歴史と伝統のペイントだそう。どんな意味が含まれているのでしょうか。

F-35の尾翼を赤くした理由って?

 アメリカ空軍が2024年1月中旬、非常に特徴的なF-35A「ライトニングII」の画像をインターネット上で公開して話題になっています。なんと、そのF-35Aは垂直尾翼の中央部分を真っ赤な色にしており、軍用機らしからぬ派手な出で立ちとなっていました。

 それが塗料で塗られたものなのか、それとも航空機用のステッカーを貼ったものなのかはわかりませんが、いずれにしても尾翼が赤くなったF-35Aのビジュアルはインパクトが大きいのか、驚きの声も寄せられています。

 当該機が所属するのはアラバマ空軍州兵の第187戦闘航空団で、同飛行隊が発表したメディアリリースによれば、この特別な塗装の意味は第2次世界大戦当時に活躍した「タスキーギ・エアメン」の伝統を称えたものだといいます。

「タスキーギ・エアメン」とは、第2次世界大戦中に組織された航空部隊のことで、戦闘機や爆撃機などからなる飛行隊がトータルで8つ編成され、ヨーロッパ戦線で活躍しています。これら飛行隊はアフリカ系アメリカ人のみで構成された黒人部隊であり、その中の戦闘機は識別のために尾翼を赤く塗っていたことから「レッドテール」というあだ名が付けられました。

 タスキーギはアラバマ州の地名であり、タスキーギ大学で黒人を対象とした訓練プログラムが始まったことがその名前の由来となっています。現在もアラバマ空軍州兵として活動している前出の第187戦闘航空団は、「タスキーギ・エアメン」の伝統をいまでも受け継いでおり、同飛行隊では過去、F-16「ファイティングファルコン」戦闘機などでもイベント時などに垂直尾翼を赤くしたことがあります。

 このような塗装は「ヘリテイジ(遺産)ペイント」と呼ばれるもので、今回のF-35もその一環になります。

そんなに派手でステルス性は大丈夫?

 第187戦闘航空団の整備隊司令ブレント・アイヴィー少佐は今回のF-35のヘリテイジペイントについて、「レッドテールの伝統はアメリカ空軍全体に知られています。私たちはその遺産を忘れたくないし、航空隊員だけでなく空軍全体のために続けていきたいと思っています」と述べています。

 今回、レッドテールになったF-35を見て、戦闘機に詳しい人ならひとつの疑問が沸くかもしれません。それは同機のステルス性への影響です。

 F-35はレーダーに映りにくいステルス戦闘機であり、機体表面はレーダー反射断面積(RCS)を減少させる突起部分の少ない形となっていて、さらに電波を吸収する特別なコーティングも施されています。そのため、特別マーキングで機体表面に塗装やステッカーを貼ってしまうと、それがレーダー波を反射する障害となってしまう可能性があります。

 今回のレッドテールのヘリテイジペイントがF-35のステルス性にどのような影響を与えるかについては、第187戦闘航空団のメディアリリースでも説明されておらず、正確なところはわかりません。

 しかし、このヘリテイジペイント機のステルス性に問題があっても、部隊としては許容範囲なのだと思われます。

尾翼赤くしても戦闘能力に関係ない理由とは

 第187戦闘航空団はこれまでF-16「ファイティングファルコン」を運用しており、現在はF-35に機種転換している途中です。最初の3機のF-35が部隊にやってきたのは2023年12月のことで、今後数か月のあいだに追加の5機が配備されることで、ようやくパイロットと整備員の訓練が可能になるそうです。

 ゆえに、現時点では機種転換訓練をこれから行う、いわば錬成中の部隊であり、実際の任務に就く可能性は低いといえるでしょう。そのため、仮にヘリテイジペイント機のステルス性に支障があったとしても、訓練段階の部隊ということで問題がないと判断されているのだと考えられます。

 ちなみに、記念行事などで軍用機に特別な塗装を施すのは、アメリカに限らず世界各国で広く行われています。その場合、該当機は通常の軍用機よりも視認性が高くなる(相手から機体が見えやすくなる)ため、実際の任務運用からは外されるのが通例です。

 レッドテールのヘリテイジペイント機については、一時的な特別機なのか、それとも飛行隊に継続して残されるのかは不明です。しかし、垂直尾翼を赤く塗ることは前述の通り以前より行われてきたことであり、第187戦闘航空団にとっては、タスキーギ・エアメンの歴史とともに受け継ぐべき重要な伝統にもなっています。

 赤く塗ったからといって、某有名アニメに出てくるライバルロボットのように通常の3倍のスピードで飛ぶワケではありません。しかし、その特徴的な外見は、戦闘機マニアであれば一度は見てみたい存在といえるのではないでしょうか。