トルコが、中国・パキスタン共同開発の戦闘機を導入するかもしれないと、一部メディアで報じられました。本当でしょうか。そもそも最新ステルス戦闘機F-35の導入を目指していたはずなのに、どうしてそうなったのか、振り返ります。

なぜパキスタン製戦闘機を検討するのか

 トルコ空軍は2024年1月現在、次期戦闘機としてPAC(パキスタン・アエロノーティカル・コンプレックス)が中国の支援を受けて開発したJF-17「サンダー」戦闘機の導入を検討していると一部メディアで報じられています。

 JF-17「サンダー」は、ロシア製のMiG-29双発戦闘機が搭載するエンジンと同じものを1基搭載する小型機で、韓国のFA-50やスウェーデンのJAS39「グリペン」などに相当する「取り回しの良さ」を特徴とする軽量級の戦闘機です。また、海外セールスにも成功しており、現在約200機近くが生産されています。

 トルコは、もともとアメリカ製の高性能なステルス戦闘機F-35「ライトニングII」を導入しようと計画を進めていました。JF-17とF-35は全く別次元の機種であり、本来同じ市場で競合するような機種ではありません。

 しかし、トルコが「F-35の調達に失敗した」事実を鑑みると、その穴埋めとして同国がJF-17を選択したとも考えられます。なぜこのような事態に陥ってしまったのでしょうか。

 トルコはNATO(北大西洋条約機構)の加盟国であり、またEU(欧州連合)への加盟を目指すなど名目上はヨーロッパ諸国の一員ですが、他方で極めて強い自立意識を持っており、ロシアとの関係を強めるなど東西陣営に対して距離をとる政策を堅持しています。

 ただ、この姿勢がトルコをヨーロッパ諸国から孤立させる結果につながったともいえるでしょう。

ロシア製ミサイルシステムの導入が決定打か

 なかでも決定的とされるのが、ロシア製の強力な防空ミサイルシステムS-400を購入したことです。当初、トルコがその決定を明らかにすると、アメリカはF-35の開発・生産・運用計画から同国を排除すると明言、強くS-400購入の撤回を迫りました。しかし、トルコはアメリカの動きを拒否、最終的にS-400を導入したのです。

 結果、アメリカは宣言通りS-400を導入したトルコを、F-35のプロジェクトから追放してしまいました。トルコはF-35共同開発国の一員であったにも関わらずです。その動きは厳格で、引き渡しが目前であったトルコ空軍の国籍章が入ったF-35さえ、全て自国空軍へ転用・編入してしまいます。

 トルコが、ヨーロッパやアメリカの反発を甘く見ていたのかどうかはわかりませんが、S-400導入の影響はF-35計画から追放するだけで終わりませんでした。すでにトルコ空軍が運用中である既存のF-16「ファイティングファルコン」についても、老朽化に伴う性能向上・寿命延長化改修、いわゆるF-16Vへのアップデート計画に難色を示したのです。

 これに対し、トルコはF-16Vの代替として、英独伊西が共同開発したユーロファイター「タイフーン」を導入しようと計画します。しかし、折しもロシアがウクライナに侵攻を開始したことで、ヨーロッパとロシアを天秤にかけるような態度を同国が取っていたことが影響を及ぼします。なかでも、ドイツのトルコへの不信が高まったことで、こちらについても難しい状況に直面してしまいました。

 ロシアに対して良い顔をすれば当然、既存の友好関係にはヒビが入るという当たり前すぎる結果に対して、トルコがどれだけ事前にリスクを計算していたのかはわかりません。

米欧と距離とるとトルコ国産戦闘機にも影響が…

 加えて、トルコは初飛行を控えた国産の次世代ステルス戦闘機TFX「カーン」についても、搭載エンジンはヨーロッパ製のユーロジェットEJ200もしくはアメリカ製のゼネラルエレクトリックF110を採用しようと検討しています。

 EJ200やF110はユーロファイター「タイフーン」やF-16と同一のエンジンです。したがってトルコがJF-17を導入したら、さらに西側と距離を置くことに繋がるため、威信をかけて開発中のTFX「カーン」についてもエンジンでつまずく可能性が多分にあります。

 こうした理由から、筆者(関 賢太郎:航空軍事評論家)はトルコがJF-17を本気で導入する気があるのか、いささか疑問が残ります。結局のところ、トルコはどこかで西側に折れる必要があったと言えるでしょう。

 実際、トルコは紆余曲折を経てスウェーデンのNATO加盟の承認と引き換えに、アメリカからF-16V導入を引き出すことに成功しました。

 少なくともトルコは、F-35という世界で最も高性能な戦闘機の入手権利を失ったうえに、その穴埋めでユーロファイター「タイフーン」やF-16「ファイティングファルコン」といった欧米の第一線戦闘機すら、一時的とは言え入手困難になりました。

 トルコがパキスタン製JF-17を、本当に導入する気があったのかは怪しいところです。これは、ひょっとすると西側への対抗手段のために見せびらかす、いわば「当て馬」にしたのではないでしょうか。

 ただ、いずれにせよトルコがJF-17を検討せざるを得なくなったことは、同国の外交的失敗の証といえるのかもしれません。