アラスカ航空のボーイング737MAX9が起こした大トラブルを受け、アメリカ企業がボーイングを見限る可能性が出てきました。米連邦航空局も生産拡大を認めないなど、同社に厳しく対応しています。

一部報道ではエアバスに鞍替えしたというハナシも

 アラスカ航空のボーイング737MAX9が2024年1月5日(現地時間)、米本土オレゴン州上空を飛行中に側壁の一部が吹き飛んだ問題を受け、FAA(アメリカ連邦航空局)は737MAXシリーズの生産拡大を認めない方針を決め、航空各社が対応を迫られています。

 ロイター通信は2024年1月29日、ユナイテッド航空がエアバスにA321neoの追加購入を打診したと報道。開発中の737MAX7や737MAX10は型式証明の例外措置が取り下げられ、商用化が大幅に遅れる見込みです。安全運航を脅かす相次ぐ問題の発覚に、大口顧客のボーイング離れが加速するかもしれません。

 737MAXは、ベストセラー旅客機である「737シリーズ」の最新モデルで、2016年に初飛行しました。新型の高効率エンジンと上下に分かれた翼端 (アドバンストテクノロジーウィングレット) を採用するとともに、極端な機首上げによる失速を防ぐため「操縦特性向上システム(MCAS)」を搭載。一方で最新鋭機ながら、ボーイングはNG(ネクストジェネレーション)シリーズをはじめとした既存の737と整備や教育面で共通性を持たせることで、導入時のハードルを下げて需要の取り込みを図ろうとしました。

 しかし2018年10月、ライオン・エア610便の737MAX8(機体記号PK-LQP)がスカルノ・ハッタ国際空港を離陸直後に墜落。半年後の2019年3月にはエチオピア航空302便の737MAX8(機体記号ET-AVJ)もボレ国際空港の近郊に墜落しました。いずれも乗員乗客の全員が犠牲になる大惨事となっています。

 墜落を招いた要因の一つとして、本来は失速を防止するためのMCASがパイロットの意に反して機首を下げ続けたことがあげられており、FAAは約2年にわたって商用運航の停止措置を取っていました。

日本の航空会社も対応を迫られるか?

 そのような中、737MAXはユナイテッド航空やアメリカン航空、デルタ航空、サウスウエスト航空といったアメリカの航空会社からは受注を確保しており、日本もANA(全日本空輸)とJAL(日本航空)が737MAX8を、スカイマークが737MAX8と737MAX10の導入を決めています。

 しかし、冒頭に記したように2024年1月5日、アラスカ航空1282便の737MAX9(機体記号N704AL)で飛行中に突如として側壁が吹き飛ぶという事故が発生しました。この事故では非常口として使用しない開口部を塞ぐ「ドアプラグ」が脱落しており、一部の報道では固定するボルトなどの取り付けが不十分なまま、ボーイングの工場から出荷された可能性が指摘されています。

 それが本当なら、安全運航の大前提となる品質に問題があるということに繋がり、ボーイングの信頼は大きく損なわれることになるでしょう。

 実際、アラスカ航空のベン・ミニクッチCEO(最高経営責任者)やユナイテッド航空のスコット・カービーCEOはボーイングに対して失望感をあらわにしています。さらに開発中の「737MAX7」と「737MAX10」では、FAAに求めていたエンジン防氷システムなどに関する安全基準の例外措置を取り下げる事態となっており、早期の商用化は困難になりました。

 これを受け、ユナイテッド航空は発注済みであった737MAX10の納入が大幅に遅れそうなことから、穴埋めが必要な状況に陥っており、結果、前述したようにエアバス製のA321neoが選択肢としてあがっているようです。

 なお、ボーイングは新型の大型機としてボーイング777Xを開発していますが、同社の信頼性に疑問が生じている現在、こちらにも大きな影響が出る可能性は極めて高く、場合によっては初号機納入に向けたスケジュールがさらに遅れることが考えられます。

 アメリカの大手航空会社が軒並みエアバス製の航空機に鞍替えした場合、その余波は日本の航空会社にも及ぶかもしれません。