いよいよ有料化の時期が発表されました。

有料化の時期が発表

 国土交通省 九州地方整備局は2024年2月7日(水)、福岡県内で整備中の国道201号「八木山バイパス」について、有料化を含めた2024年度内の予定を発表しました。

 発表されたのは以下のとおり。
・篠栗IC〜筑穂ICの4車線化が2024年度内に完了。
・それと同時に、篠栗IC〜穂波東ICはNEXCO西日本へ移管。
・料金徴収を開始(つまり有料化)。

 通行料金は一律で、軽自動車220円、普通車280円、中型車330円、大型車450円、特大車760円、原付30円です。

 八木山バイパスは福岡市街と筑豊エリアのアクセス向上のため、1985年に開通。2014年までは有料道路で、軽自動車・普通車・中型車が530円、大型車800円といった料金体系でした。

 異例の「再有料化」の背景として国は決定当時、4車線化の要望があり、利用者負担による財源確保のためとしています。無料化によって交通量が増え、渋滞や事故も多発したことから、抜本的な対策として事業が進められていました。

 具体的な4車線完成・有料化の日程はまだ決まっていません。今回は「2024年度内の予定」ということが明らかになったということです。