このままなくなっちゃうのでは……。

休日割引の除外が拡大

 NEXCO3社(東日本・中日本・西日本)と本四高速、宮城県道路公社は2024年2月16日、高速道路の「休日割引」について、2024年度以降、シルバーウイーク(9月の3連休等)についても適用しないことを発表しました。

 休日割引は土休日に地方部の通行料金が終日3割引になる制度です。交通混雑期における交通分散の観点からゴールデンウイーク、お盆、年末年始期間で適用が除外されていますが、2024年度以降は新たにシルバーウイークについても適用除外となりました。

 さらに、「その他の3連休等」においても交通混雑が見られることから、「2025年度以降も引き続き、3連休等の休日割引の見直しを国土交通省と検討してまいります」としており、適用除外期間がさらに拡大する可能性があります。

 背景には、2023年10月に閣僚会議で決定された「オーバーツーリズムの未然防止・抑制に向けた対策パッケージ」があります。観光需要の分散・平準化のため、割引の適用条件を含め、休日と平日のバランスの見直しを進めるなどの方針が示されており、この一環でETC周遊パスの平日における割引率の拡充などがなされています。

 今回、ETC周遊パスについては、「一層の利用拡大を図るため、自治体等との連携を強化して周遊パスの企画・販売を行うなど、より魅力的な商品を造成」するという方向性も発表されました。

 ちなみに、休日割引の適用除外はもともと2020年春から「新型コロナウイルス感染拡大防止」の観点で始まり、一時は「このままなくなってしまうのでは」ともささやかれたものの、感染状況が落ち着いて以降、年3回の交通混雑期(GW、お盆、年末年始)のみ除外となっていました。ただ並行して国は各種割引施策の見直しも進めており、休日割引については、むしろ「混雑を助長」しているという側面が指摘されています。