でかい!中身もスゴイ!

全長68.3m!

 ANA(全日空)が2024年3月27日より国内線へ導入する「ボーイング787-10」。この初号機「JA983A」の機内が25日、羽田空港内のANA格納庫で報道陣で公開されました。同社が「次世代フラッグシップ」と称するこの旅客機の客室は、どのようなものになっているのでしょうか。

 787-10は、787シリーズで最長胴(全長68.3m)の長さを持つ最新モデル。ANAではこのモデルを2019年より導入していますが、これらはすべて国際線仕様機でした。この機は現在ANAの高需要国内線で運航されているボーイング777シリーズの後継機として導入されます。

 客席は2クラス429席となり、横2-2-2列配置の「プレミアムクラス」が28席、横3-3-3列配置の普通席が401席設けられます。座席仕様はANA国内線最新のものとなり、2019年にデビューしたボーイング777国内線新仕様機、2021年にデビューした787-9国内線新仕様機と同系統の、全席に大型モニター・USBポート・電源コンセントを備えた座席が設置されます。

各クラスの座席、どのようなもの?

 787-10国内線仕様機に搭載されるプレミアムクラスは、ANA最新の国際線ファーストクラスシートのイメージを引き継ぎ、国内線最上位クラスとして、シート全体の質感や色柄、ファブリックなどをより高級感・重厚感のあるデザインを採用。15.6インチのタッチパネル式パーソナルモニターを装備し、電動リクライニングシートを採用したほか、座席間の大型ディバイダー、大型フットレスト・レッグレスト、充実の小物入れの設置など快適性・機能性を向上させたとしています。

 普通席はトヨタ紡織株式会社と共同開発したシートを導入。一部座席を除き、国内線普通席としては最大級となる13.3インチのタッチパネル式パーソナルモニターを装着したとのことです。トヨタ紡織の「自動車シートで培った人間工学に基づく技術」が組み込まれているそうで、ANAは「どのような体格の方にも心地よくフィットする形状を実現する」としています。

 このANAの787-10国内線新仕様機の投入初便は27日のNH59便(羽田午前10時発→新千歳11時35分着)が予定されています。現在同社の787-10国内線仕様機は2機が受領済みで、今後も機数が増える予定です。