2路線目の就航予定日も決定です!

4月12日に商業運航便デビューへ

 JAL(日本航空)の新型国際線フラッグシップ「エアバスA350-1000」の3号機(機番:JA03WJ)が2024年3月31日正午前、エアバス社の工場があるフランス・トゥールーズから羽田空港へ到着しました。

  A350-1000はJALの現在の国内線主力機「A350-900」の胴体延長タイプにあたり、同社にとって、約20年ぶりに導入する長距離国際線むけ主力機です。現在おもに欧米などの長距離路線を担当しているボーイング777-300ERの後継機として、全13機が導入される計画です。

 A350-1000の客室はファースト、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの4クラスで239席を設置。客室は全面的に刷新が図られており、姉妹機であるA350-900などに採用されている国内線最新仕様のデザインを意識した、「日本の伝統美」をモチーフにしたインテリアに。

 たとえばファーストクラスは他の航空会社ではあまり類を見ない、150cm超の高い壁を設置した完全個室型のもの。座席は通常時の「ソファー」モードに加え、半分を座席に半分をベッドとする「シート&シングルベッド」、席をすべてベッドとして使う「ダブルベッド」、計3モードが選択できる個性的な仕様となっています。

 また、ビジネスクラスも、同社史上初の扉付き個室タイプのものが導入。プレミアムエコノミークラスには、背もたれを引き起こす際の乗客の負担を大きく減らすべく、世界の航空会社では初となる、電動リクライニング機能を備えるなど、最新鋭の座席が導入されています。

 A350-1000の3号機の投入初便は4月12日の羽田発ニューヨーク行きJL6便を予定しているとのこと。また、3機体制になったことを背景に、同社にとってA350-1000就航2路線目として計画していた羽田〜ダラス・フォートワース線への投入予定日も、4月17日からと公開されています。