ロシア軍の兵站輸送を担う車両に大きな損害?

夜間にドローンでトラックを攻撃する映像も公開

 ウクライナ国防省は4月8日、ロシア軍がウクライナへの全面侵攻を開始して以来、約1万5000台を超えるトラックや燃料タンク車を破壊したと発表しました。夜間にドローンでロシア軍のトラックを攻撃する映像も公開しています。

 トラックや燃料タンク車は、戦車や歩兵戦闘車などに比べると地味な存在ですが、前線に食料や弾薬、燃料などを届ける重要な役割を担っています。ウクライナ軍は、これらの車両を攻撃することで、ロシア軍の侵攻作戦に不可欠な兵站輸送に打撃を与えている模様です。
 
 ウクライナ国防省によると、この春は約2000台、4月は最初の5日間だけで205台のトラックなどを破壊したとのこと。攻撃には主に自爆ドローンを使用したとしています。

ロシア軍のトラックに自爆ドローンが直撃する瞬間