高性能な対空車両なのに一撃で無力化。

機関砲とミサイルのハイブリッド装置も迎撃できず

 ウクライナ国防省は2024年4月10日、同国保安庁の戦闘ドローン部隊が、1週間で6基のロシア軍防空システムを撃破したと発表しました。
 
 その内訳は、9K37「ブーク」対空ミサイルシステム2基、9K332「トールM2」対空ミサイルシステム2基、「ストレラ-10」近接防空ミサイルシステム、そして「ツングースカ」自走対空システム(対空戦車)で、このほかに対空ミサイルを運用する際に欠かせない指揮統制システムも1基破壊したそうです。

 これらは比較的最前線で運用することを想定した対空ミサイルシステムで、なかでも「ツングースカ」は30mm機関砲2基と9M311対空ミサイルの4連装発射機2基をセットで装備する強力な自走式対空システムです。

 対空砲とミサイルを組み合わせることで、優れた防空能力を持っていたはずですが、状況は不明であるものの、ウクライナ保安庁によると撃破することに成功したといいます。

 なお、ウクライナ保安庁がドローンを使ってロシア軍防空システムを攻撃する様子は動画で公開されており、それを見ると、射撃のために布陣した動かない目標だけでなく、平原を疾走する移動目標に対しても攻撃を行い、撃破していることがわかります。

 ドローンのような小型目標は、かなりの近距離まで接近されない限り判別することができず、また機体そのものも小型なため、従来の対空ミサイルシステムでは効果的な迎撃態勢を構築することができない模様です。