広島市の土砂災害について、その発生場所の旧地名が土砂災害発生箇所を意味するものだったと報道されています。過去にはそうした「災害地名」を持つ駅で、土石流が列車を直撃。しかし乗務員の機転で多くの命が救われたことがありました。

地名が物語る災害の歴史

 2014年8月20日(水)に広島市を襲った土砂災害について、土石流が発生した八木地区の旧地名が「八木蛇落地悪谷」だったとフジテレビが報道。「蛇」の文字が入る地名は土石流発生場所を意味するケースが多いことから、地名変更によって危険を伝える先人の知恵が失われてしまったという意見もみられます。

 土石流発生場所の地名に、なぜ「蛇」の文字が使われるのか。諸説ありますが、土石流が発生し谷沿いを流れ落ちるとまるで大蛇が這ったような跡になること、また土石流そのものを大蛇に例えたこと等が考えられ、こうした由来を持つ地名は「災害地名」と呼ばれます(必ずしも「蛇」を含む地名が土石流発生場所というわけではない)。

 「竜」の文字も同様の理由から、土石流発生場所の地名に使われる場合があります。そして「竜」の文字が入った駅で、列車が土石流に襲われたこともありました。1993(平成5)年8月6日、鹿児島市の日豊本線竜ヶ水駅で発生した土石流災害です。この災害は死亡者も出る悲惨な出来事ではありましたが、NHKのテレビ番組『プロジェクトX』にも採り上げられるなど、自然の脅威に立ち向かう人間たちのドラマもありました。

130人の命を救った乗務員の機転

 鹿児島市竜ヶ水は急傾斜地と鹿児島湾に挟まれた地勢の険しい場所で、急傾斜地と海に挟まれたわずかな場所に国道10号線とJR日豊本線が通り、竜ヶ水駅が設けられています。

 竜ヶ水周辺の地質は鹿児島に多い火山性の「シラス」で、浸食に弱く水に流されやすいという性質を持っています。また鹿児島市の資料によると、「竜ヶ水」という地名は「竜が水を吹くように水害が多い」のが由来とされています。

 1993年8月6日、鹿児島市周辺は1時間あたり最大99.5mm、1日の雨量は259mmという記録的な豪雨に見舞われます。日豊本線では安全のため運転が中止され、竜ヶ水駅には2本の列車が停車。天候の回復を待っていました。

 しかしそのとき、竜ヶ水駅付近の線路で土砂崩れが発生。しかも竜ヶ水駅を挟んで両側で発生したため、列車は竜ヶ水駅から動けなくなってしまいました。

 状況はさらに悪化します。竜ヶ水駅のすぐ近くで土石流の予兆が発見されたのです。駅と停車している列車を土石流が直撃するのは、時間の問題でした。絶体絶命の乗員乗客およそ130名。隣の駅に避難することもできません。

 こうした豪雨による運転見合わせの場合、乗客は車内で待機させるのが基本です。しかし乗務員は列車から乗客を降ろし、海へ避難させました。そして列車を、土石流に襲われそうな場所へあえて移動させます。列車を盾にして土石流の勢いを弱め、海に避難した乗客に被害が出るのを少しでも食い止めようと考えたのです。

 その直後でした。土石流が竜ヶ水駅に襲来したのは。あっという間に駅は土砂に飲み込まれ、列車は大破。しかし乗務員の機転で海へ避難した乗客は、全員が無事でした(避難指示に従わなかった乗客3名は死亡)。避難した乗客はその後、陸上交通が土砂災害で寸断されていたため、海上保安庁や自衛隊、漁船などによって海から救助されました。

 日豊本線の竜ヶ水駅にはその土石流で流れてきた岩石を用い「災害復旧記念碑」が建立され、鹿児島湾とそこにそびえる桜島を背景に、災害の歴史をいまに伝えています。