祭りのために、列車を運休させるのみならず、架線まで一時的に撤去してしまう路線があります。そこまで手間のかかることをする背景には、地域に協力し、祭りを安全に進めたいという思いが存在しました。

架線を撤去、ダイヤも特別 総動員で臨む「秩父夜祭」

 踏切は、一般的には列車を通すために、歩行者や自動車などの通行を遮断するものです。しかし埼玉県秩父市の市街地、秩父鉄道・御花畑駅付近の踏切では年に1度、祭りの山車(だし)を通すために列車を運休させ、架線(線路の上に張られた電線)を撤去します。

 毎年12月3日の「秩父夜祭」大祭がそのときです。秩父鉄道では、その数日前から踏切部分の架線を、自社製作したボルトで取り付けるタイプの「特殊架線」に替えておきます。そして大祭当日、山車の通行が近付くと、この踏切を含む秩父〜影森間で列車を運休させ、架線はボルトを外して撤去。すべての山車が通過したあと、本構造の架線へと迅速に復旧させ、列車の運行を再開させます。

 ここまで大がかりなことを行う理由、それは背の高い山車が架線に当たらないようにするためです。

「この日は関連会社も含めて総動員で臨みます。主催の秩父神社や山車を出す各町会と、事前に列車の運行や山車の通過について打ち合わせ、当日もそれぞれの山車が予定どおり踏切を通過するよう、各町会と連絡を取り合います」(秩父鉄道)

 秩父鉄道によると、この架線撤去をいつから行っているかは不明だそうですが、「もしかしたら(戦前に)電化した当初からではないか」とのこと。「今年も事故がないよう、地域と連携して安全に祭りを進行させたい」といいます。

 秩父夜祭の人出は20万から30万人ともいわれており、秩父鉄道は架線撤去などを行う一方、特別ダイヤで列車を増発し、見物客の輸送にあたる予定です。

ほかの路線でも架線撤去 守られた伝統が世界に認められる

 山車が通過する際に対策を講じる踏切はほかにもあります。名鉄河和線の半田口駅(愛知県半田市)近くや、同じく名鉄竹鼻線の羽島市役所前駅(岐阜県羽島市)付近などの踏切では、山車が通過する際に、竹はしごで架線を持ち上げて通しています。

 また、富山県高岡市を走る万葉線でも、「高岡御車山祭(みくるまやままつり)」の際に一部区間で運休して架線を取り外し、山車の引き回しに配慮しています。

 このような山車を引き回す祭りでは、電線や架線は障害物になることもあります。明治以降、電線や路面電車の架線が街じゅうに張り巡らされていくなかで、山車の巡行を取りやめたり(東京の「神田祭」など)、山車を低くしたり(福岡の「博多祇園山笠」など)するところもあったそうです。

 そうしたなか、鉄道事業者も一丸となって守られてきた「秩父夜祭」や「高岡御車山祭」などは現在、18府県33件の祭りで構成される「山・鉾・屋台行事」の一部として、ユネスコ(国連教育科学文化機関)で無形文化遺産への登録が勧告されています。通例、勧告は尊重されるため、登録はほぼ確実とも。そんな祭りを支え、地域の伝統を守ってきた鉄道事業者、そして人々の心意気が存在しています。

【写真】山車通過後の復旧作業