JR西日本が、8両編成のN700系全19本の客室内に防犯カメラを設置します。

デッキに加え、客室内にも設置

 JR西日本は2017年7月19日(水)、山陽・九州新幹線で運行している車両の客室内各2か所に、防犯カメラを新たに設置すると発表しました。

 対象はJR西日本が所有する8両編成のN700系全19本です。現在、防犯カメラはデッキ部やその通路部に設置されていますが、同社は、さらなるセキュリティ向上を図るため、客室内にもカメラを増設するといいます。設置工事は2018年度から2020年度にかけて行われる計画です。

 なお、東海道・山陽新幹線を走るN700系とN700Aでも、デッキ部や客室内に防犯カメラを設置する取り組みが進められています。2015年度までに投入された21編成は、2018年度のゴールデンウィークまでに設置が完了する見通し。2016年度以降に新製または新製予定の19編成については、投入時に防犯カメラが設置されます。

【画像】防犯カメラ、客室内はここに設置