さいたま市とホンダ、ヤマハ発動機が、2017年9月から、さいたま市でEVバイクの「E-Vino」を使用した実証実験を行います。

ヤマハ発動機「E-Vino」30台を導入

 さいたま市とホンダ、ヤマハ発動機は2017年7月21日(金)、電動二輪車(EVバイク)の普及拡大と交通空白地域の解消に向けた実証実験を9月から開始すると発表しました。

 さいたま市の電気自動車普及施策「E-KIZUNA Project」の一環として行われるもので、地方自治体とEVバイク普及を目指すメーカー2社が組んで行う取り組みとしては初の試みといいます。

 実証実験の内容は、さいたま新都心駅東口自転車等駐車場で、一般ユーザー向けの原付一種クラスEVバイクのレンタルとバッテリー交換サービスを行うというものです。交通利便性向上の効果検証が行われます。

 車両はヤマハ発動機「E-Vino(イービーノ)」30台が導入されます。利用者募集は7月21日(金)からさいたま市のウェブサイトで開始。実証実験は9月から始まる予定です。

 なお将来的には、EVバイクのシェアリングについての実証実験も検討されます。

【写真】合同実証実験発表式の様子