高速道路には、行く先の渋滞状況や所要時間を伝える電光式の道路情報板がありますが、この情報に時折、三角形のマークが表示されることがあります。このマークは何を表しているのでしょうか。

マークを「経路選択に役立てて」

 高速道路の随所に設置された電光式の道路情報板では、たとえば「横浜町田-厚木 渋滞8km」といったように、そこから先や周辺の渋滞情報などが表示されます。

 一部の高速道路では、渋滞の文字情報に加えて、三角形のマークが現れることがあります。この表示を実施しているNEXCO中日本に、三角マークの意図を聞きました。

――道路情報板に表示される三角形のマークは、どのような意味があるのでしょうか?

 渋滞が増加傾向にあることを示すもので、右上がりの赤い三角形を表示しています。常に表示しているわけではなく、縮小傾向にある場合は何も表示しません。

――この表示はいつから、どの区間で行っているのでしょうか?

 東名高速の東京IC〜豊川IC間、新東名高速の御殿場JCT〜浜松いなさJCT〜三ケ日JCT間にある道路情報板で行っています。2012(平成24)年に新東名高速の同区間が開通した際、東名、新東名の経路選択が可能になったことから、その判断に役立てていただくために始めました。

――マークが表示される道路情報板は、ほかと比べて新型であったり、特殊なシステムを使っていたりするのでしょうか?

 いえ、特に新型というわけではありません。文字による渋滞情報と同様に、高速道路に設置されているトラフィックカウンター(クルマの台数や速度を数える装置)の情報をもとに表示しています。

所要時間が伸びる可能性、わかっているならば…

 この道路情報板における三角マークの表示は、阪神高速道路や首都高速道路、NEXCO東日本なども導入しています。

 阪神高速道路は2011(平成23)年から導入しており、現在は大阪地区にある各路線の上り方向(1号環状線方面)入口に設置された道路情報板で、この表示を実施しているそうです。コンピューターが過去のパターンから、渋滞が増加傾向になる可能性が高いと判断した場合に、所要時間の横に赤い三角マークを自動で(手動も可)表示させるといいます。「情報板に表示されている所要時間よりも伸びる可能性が高い場合に、それを示すことで、経路選択に役立てていただく」目的があると話します。

 首都高速道路では2006(平成18)年から導入。現在は全線の道路情報板で所要時間の横に三角マークを表示しており、渋滞の増加傾向時における右上がりの赤い三角マークだけでなく、減少傾向時には右下がりの緑の三角マークも表示されるといいます。

 NEXCO東日本では「トラフィックカウンターがおおむね2km間隔で設置されている、都市部の道路情報板で実施しています」といい、首都高のものと同様に増加時、減少時ともに表示されるそうです。

 首都高速道路によると、「右上がりの三角マークが表示されているときは、急に渋滞が伸びている」状態とのこと。このマークを見たら、代替ルートへの迂回などを検討してみるとよいかもしれません。

【画像】首都高の道路情報板は「渋滞縮小傾向」も表示