マツダ「CX-3」のガソリンエンジン搭載車が認可を受けた、新しいクルマの燃費表示基準「WLTCモード」。2018年10月から国内のクルマに表示義務が課されますが、そもそもどういうものなのでしょうか。

そもそも「WLTCモード」とは

 マツダが「CX-3」に新設定したガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車で認可を受けた、新燃費表示の「WLTCモード」。従来の日本国内における燃費表示である「JC08モード燃費」と異なり、4つの「モード燃費」が表示されています。

 一見複雑化したようにも思える新燃費表示「WTLCモード」は、なぜ取り入れられることになったのでしょうか。

 乗用車には省エネ法に基づき、自動車メーカーとインポーターに燃費の表示が義務付けられています(除外となる輸入車もあり)。かつては国で定めた測定方法の「10・15モード」が用いられていましたが、試験条件が日常走行と解離しており、実際の走行条件に近い「JC08モード」が2011(平成23)年4月より取り入れらました。

 このJC08モードにより、確かに従来よりも現実的な数値が示されるようにはなりました。とはいえ依然、表示燃費と実燃費に差があることに変わりはなく、ユーザーの燃費意識が高まるにつれ、より現実的な燃費測定法が求められるようになりました。加えて、「全世界共通の軽量車テストサイクルを策定する」(環境省 自動車排出ガス専門委員会資料53-2)という目的もあり、新たに採用されたのがWLTCモードというわけです。

実際のデータに基づいた「世界基準」、その内訳

 WLTCモードは、「Worldwide-harmonized Light Vehicles Test Cycle」の略で、日本独自のJC08モードとは異なり、国連の欧州経済委員会が運営する自動車基準調和世界フォーラム(WP29)で採択された国際的な試験方法です。EU、米国、インド、日本、韓国という5つの地域の実走データに基づき、算定されているのも特徴です。

 また、従来の1種類の燃費表示ではなく、平均的な値となるWLTCモードに加え、「LMH燃費」と呼ばれる3つを加えた4種類の燃費を表示することになります。

 Lは信号や渋滞などの影響を受ける低速走行中心の「市街地モード」、Mは、渋滞などの影響があまりない巡行走行を想定した「郊外モード」、Hは高速巡行を想定した「高速モード」を示しています。これらの条件を平均的な時間配分で構成したのがWLTCモードなのです。このため、よりデータを参考にし易いようにLMHそれぞれのデータも一緒に表示されるように義務付けられています。

「世界基準」がもたらすメリットとは

 新燃費基準の導入によるメリットは、国内外メーカーを問わず、燃費性能が比較できるようになることや、ユーザーの走行環境に応じた燃費性能が高いクルマを選べるようになることがあります。またメーカーもこれまでのように、各国に合わせた燃費測定を行う必要がなくなるため、コストや開発時間の削減にもつながります。

 ただ他車との比較は、あくまで同じWLTCモードどうしでなければ意味がないことを忘れてはいけません。日本でも当面はJC08モードと両方を記載することで、ユーザーに混乱が生じないように配慮されています。

 WTLCモードは、2016年10月より適用が開始されており、2018年10月以降に販売する新型車については、表示を義務化。2020年度を目途に完全移行を目指していくそうです。

【画像】「WLTCモード」での燃費表示はこうなる