東武鉄道の浅草駅構内で2017年7月25日から、「AIサムライ」を使った観光案内サービスの実証実験が行われます。

日本語と英語で駅構内や浅草周辺などを案内

 凸版印刷と東武鉄道は2017年7月21日(金)、対話型AI(人工知能)「AI-SAMURAI」を使った観光客向け案内サービスの実証実験を、東武鉄道の浅草駅(東京都台東区)にある「東武ツーリストインフォメーションセンター浅草」で行うと発表しました。

 駅構内に設置された“サムライ”が、利用者の質問に応じて、浅草駅構内や周辺の観光情報などを日本語や英語で案内します。サムライに搭載されている「AI-SAMURAI」は、凸版印刷とNextremerが共同開発。音声に加え、モニターに図や文字も表示できます。

 期間は7月25日(火)から8月24日(木)まで。実証実験を通じて品質向上や効率化について検証が行われます。

【画像】モニター上で行われるサムライとの会話