JR東海のICカード「TOICA」の利用エリアが、2019年春に拡大。新たに3路線18駅と愛知環状鉄道で利用できるようになります。

東海道本線、御殿場線、関西本線で

 JR東海は2017年7月25日(火)、ICカード「TOICA」の利用エリアを2019年春に拡大すると発表しました。対象の路線と駅は次の3路線18駅です。

・東海道本線
 柏原、近江長岡、醒ケ井
・御殿場線
 下曽我、上大井、相模金子、松田、東山北、山北、谷峨、駿河小山、足柄
・関西本線
 南四日市、河原田、河曲、加佐登、井田川、亀山

 このほか岡崎〜高蔵寺間を結ぶ愛知環状鉄道の全23駅でもサービスが開始されます。

 エリア内は「TOICA」のほか、全国相互利用対象のICカードである「Kitaca」「PASMO」「Suica」「manaca(マナカ)」「PiTaPa」「ICOCA」「はやかけん」「nimoca」「SUGOCA」も利用可能です。

 また、TOICA定期券が従来の窓口などに加え、2019年春から、主要駅に設置されている指定席券売機(現金、クレジットカード可)で購入できるようになります。ただし通学証明書の提出などが必要な通学定期券は、引き続き駅窓口で取り扱われます。