渋谷駅に隣接して建設が進んでいる「渋谷駅街区開発計画」の施設名称が、「渋谷スクランブルスクエア」に決まりました。

「渋谷スクランブルスクエア」第1期は2019年度開業予定

 東急電鉄とJR東日本、東京メトロは2017年8月1日(火)、「渋谷駅街区開発計画」の施設名称を「渋谷スクランブルスクエア(SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE)」にすると発表しました。

 3社によるとこの名称は、「多様な人々を渋谷の街に惹きつけ、混じり合うことにより、渋谷の中心からムーブメントを発信し、新たな文化を生み出すステージにしたい」という意図を込めているとのこと。また、ロゴマークは漢字の「渋」をモチーフに制作したといいます。

 第1期(東棟)は2019年度に開業予定です。渋谷エリア最高となる高さ約230m、地上47階・地下7階建てのビルには、高層部にオフィス、中低層部に商業施設がそれぞれ入ります。

 商業施設のコンセプトは、「遊び場」と、生きること、うれしいこと、万歳を意味する「VIVA」を合わせた造語「ASOVIVA」といい、「情報鮮度」「本物・本質」「共感・つながり」を具現化する、日本一楽しくてハレな「遊び場」を作るとしています。売場面積は約3万平方メートルで、2027年度完成予定の第2期(中央棟、西棟)と合わせると約7万平方メートルの商業施設になる計画です。

 このほか「渋谷スクランブルスクエア」には、最上部に屋外展望施設、中層部に産業交流施設もそれぞれ設けられます。