JR西日本が山陽新幹線の博多総合車両所で、一般公開イベント「新幹線ふれあいデー」を2017年10月15日に開催します。

「ドクターイエロー」も展示予定

 JR西日本は2017年7月27日(木)、山陽新幹線の博多総合車両所(福岡県那珂川町)で、一般公開イベント「新幹線ふれあいデー」を10月15日(日)に開催すると発表しました。概要は次のとおりです。

●おもな企画内容
・新幹線車両の運転台見学
・新幹線車両の展示:「ドクターイエロー」、500系「500 TYPE EVA」、0系、100系2階建て食堂車などを予定
・山陽新幹線公式キャラクター「カンセンジャー」ショー
・ミニ新幹線の乗車体験
・JR発足30周年を記念としたメニュー

 イベントは入場無料で、午前10時から16時(入場は15時30分)まで実施されます。会場の博多総合車両所は、博多南線の博多南駅から徒歩約15分の場所です。当日は無料シャトルバスの運行も予定されています。

 JR西日本は、会場やその周辺には駐車場がないことから、イベント当日は博多南線やバスなどの公共交通機関を利用するよう呼び掛けています。また「今年度は、『JR発足30周年』の記念の年でもあり、さまざまな企画を検討しているところです。今後にご期待ください」としています。

「新幹線ふれあいデー」の詳細は9月ごろに発表される予定です。