阪神電鉄甲子園駅の列車接近メロディーが、2017年8月7日から期間限定で高橋 優さんの『虹』に変更されます。

編曲は向谷 実さんが担当

 阪神電鉄は2017年8月2日(水)、甲子園駅の列車接近メロディーに、シンガーソングライターの高橋 優さんが作詞・作曲した『虹』を期間限定で採用すると発表しました。

 第99回全国高等学校野球選手権大会の開催にあわせて変更されるもの。『虹』は大会期間中に放映されるテレビ番組『熱闘甲子園』のテーマソングにも選ばれています。

 今回の列車接近メロディの編曲は、音楽プロデューサーで鉄道ファンとしても知られる向谷 実さんが担当。列車が駅に到着する際に、サビの部分が約10秒間放送されます。

 実施期間は8月7日(月)の始発から大会終了日(8月21日予定)の終電まで。通常の『線路は続くよどこまでも』から『虹』に変更されます。

 なお、甲子園駅の列車接近メロディーが高校野球大会の関連曲に変更されるのは、夏の大会では今回が5回目です(春の大会では2015年〜2017年に実施)。

【画像】『虹』を作詞・作曲した高橋 優さん