ジェットスターが2017年8月8日、有料会員プログラム「Club Jetstar」を約3年ぶりに刷新、本格運用を開始しました。

受託手荷物などの追加料金も20%割引に

 ジェットスター・ジャパンは2017年8月8日(火)、国内LCCとして初めて2014年5月に導入した有料会員プログラム「Club Jetstar」を約3年ぶりに刷新し、本格運用を開始しました。

 新サービスの概要は次のとおりです。

・入会費3900円、年会費3939円(入会初年度分の年会費無料)に改定 ※入会費および年会費の払い戻しはなし
・会員特別価格の航空券を予約画面上に常時表示
・受託手荷物料金と座席指定料金の追加料金が20%割引(※予約時の購入に限る)
・パートナー特典やおトク情報を提供
・1回の予約において最大5人まで特別価格で予約可能

 申し込みは、ジェットスターのウェブサイトや、航空券購入の際、予約画面からも入会可能。代金の支払いは、クレジットカード(次年度以降、自動更新)です。

 ジェットスター・ジャパンは「『Club Jetstar』をおトクに利用して、さらに“かしこく、ちゃっかり”旅をする、そんな“スター”の方々に向けてさまざまな特典をご提供していくとともに、“スター”自身による『Club Jetstar』活用ポイントなども、ホームページやSNS等で今後紹介していく予定」としています。

【表】新旧「Club Jetstar」の内容比較