セブン‐イレブンとトヨタが2017年8月、省エネルギー・CO2排出削減に向けた検討に関する基本合意書を締結。燃料電池トラックや燃料電池発電機などを導入し、水素活用を推進します。

店舗は燃料電池発電機などの導入を検討

 セブン‐イレブン・ジャパンとトヨタは2017年8月9日(水)、物流および店舗における省エネルギー・CO2排出削減に向けた検討に関する基本合意書を締結したと発表しました。

 物流面では、店舗向け配送トラック(冷蔵・冷凍車)の動力と冷蔵・冷凍ユニットの電源を燃料電池にした燃料電池トラックを導入。店舗では、自動車用燃料電池ユニットを活用した燃料電池発電機の導入や、自動車用蓄電池を活用した定置型蓄電池の導入が検討されます。

 両社はこれらの取り組みにより、省エネルギーやCO2排出削減を目指すほか、定置型蓄電池は災害時の非常用電源としての活用も検討します。