国土交通省が2017年8月8日、五輪仕様ナンバープレートのデザインを発表しました。

交付スケジュールも決定

 国土交通省は2017年8月8日(火)、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」の特別仕様ナンバープレートについて、デザインを発表しました。

 国土交通省によるとコンセプトは「様々な人々の個性(色)を尊重した未来の社会への希望を集約する光の表現としてイメージ」したものといいます。審査などは、デザイン選考委員会(委員長:秋元雄史 東京藝術大学大学美術館 館長・教授、金沢21世紀美術館 特任館長)が行いました。

 このナンバープレートの交付スケジュールは次のとおりです。

●事前申込み開始
・9月4日(月)から。
・ウェブサイトまたは近くのディーラー、整備工場で受付。
●交付開始
・10月10日(火)から。
・新車、中古車の購入時はもちろん、現在乗っているクルマの車検時などで同じ番号ならいつでも交換が可能。
・オリンピックとパラリンピックのエンブレムを2枚1組で交付。
・前後面にどちらのエンブレムのものを取り付けるかはユーザーの任意。
●交付料金
・地域により異なる(東京地区は7210円)

 なお1000円以上の寄付をすると図柄入りナンバーを選択できます。寄付金は、大会開催に必要となる交通サービスの改善(バス、タクシーのバリアフリー化など)に充てられるといいます。

【画像】最終候補に残ったデザイン5作品