2017年8月8日、西鉄バスがオリジナル新キャラクター「ババ・バスオ」を発表しました。

「バス」と読める胸元の毛並みは生まれつき

 西日本鉄道は2017年8月8日(火)、西鉄バスのオリジナル新キャラクター「ババ・バスオ(馬場バス男)」を制作したと発表しました。

「ババ・バスオ」は、福岡県の鳥「うぐいす」をモチーフとした、西鉄バス運転士のキャラクターです。写真共有アプリ「インスタグラム」で20〜30代の女性を中心に人気を集めているという福岡出身、東京在住のクリエイター、Pantovisco(パントビスコ)さんが手掛けました。

 性別はオス。笑い方は「キョキョキョ! ホーホケキョ」です。「バス」と読める胸元の毛並みは生まれつきといいます。好きなことは人とおしゃべりすることと、いろんな所へ出掛けること。大ざっぱなところがあるが、時間にはわりと正確で、簡単な日常会話程度なら10か国語くらい話せる、相手との話題に詰まったら“バスオ・スマイル”で間をつなぐ――という設定もあります。

 キャラクター誕生にともないオリジナルLINEスタンプの販売が始まったほか、「西鉄バスLINE@アカウント」も開設されています。

 西日本鉄道は「『ババ・バスオ』を通して、みなさまに親しんでいただける西鉄バスを目指します」としています。

【画像】「ババ・バスオ」LINEスタンプは16種類