東海道・山陽新幹線の新サービス「スマートEX」が、2017年9月30日スタート。手持ちのクレジットカードと交通系ICカードを登録し、予約すると、きっぷを受け取ることなく新幹線を利用できます。

登録した「Suica」「TOICA」「ICOCA」などで

 JR東海とJR西日本は2017年8月25日(金)、東海道・山陽新幹線の新しいネット予約・チケットレス乗車サービス「スマートEX」を、9月30日(土)午前5時30分から開始すると発表しました。

 手持ちのクレジットカードと交通系ICカードを登録し、ネットで東海道・山陽新幹線の席を予約すると、交通系ICカードでそのまま改札を通過して乗車できるというサービスです。専用のクレジットカードを作る必要がなく、予約・購入のために窓口に出向くことも、きっぷを受け取ることも不要。年会費も要りません。

 対象のクレジットカードはVISA、MasterCard、JCB、AMEX、DinersClubなど、交通系ICカードは全国相互利用サービスの対象である「Kitaca」「PASMO」「Suica」「manaca(マナカ)」「TOICA」「PiTaPa」「ICOCA」「はやかけん」「nimoca」「SUGOCA」です。

所定のきっぷ価格より200円安く設定

 大人1人が「のぞみ」の普通車指定席を片道、通常期に利用する場合、「スマートEXサービス」の価格は、たとえば東京〜名古屋間が1万890円、東京〜新大阪間は1万4250円、東京〜広島間は1万8880円です。所定のきっぷ価格と比べ、いずれも200円安く設定されていますが、「スマートEXサービス」は「東京都区内」や「大阪市内」といった、いわゆる特定都区市内制度は適用されないため、新幹線乗車区間の駅まで(から)の運賃が別途必要です。

「スマートEXサービス」の普通車指定席用は、所定の指定席特急料金と同じように閑散期は通常期より200円引きに、繁忙期は200円増しになります。自由席用は、所定のきっぷ価格と同額です。

 片道は上記区間以外も設定されているほか、往復割引商品や、早めに予約することで割引される「早特商品」も用意されます。

 なお、サービス開始から11月30日(木)までの期間は、「スマートEX」を利用し、かつ、アンケートに答えると、新幹線N700A模型やICカードケースが抽選で計1000人に当たるキャンペーンも行われる予定です。

 JR東海とJR西日本は、「『スマートフォンで予約し、ICカードで乗車する』という便利な『スマートEX』を、ビジネスはもちろん、観光や帰省など様々な場面でご利用ください」としています。

【写真】キャンペーンでN700A模型やICカードケースが当たる