酒に酔った人などが路上に寝込んでしまい交通事故に遭うケースが長野県で増えており、事態を重くみた県警が対策に乗り出しました。その実態はどのようなもので、またこれを激減させた埼玉ではどのような対策をしたのでしょうか。

ドライバーが「逃げたい!」と思ってしまう死亡事故

 長野県警は2017年8月23日(水)、県のタクシーおよび運転代行の業界団体3者と「路上寝込み者等の交通事故の防止に関する協定」を締結しました。タクシードライバーなどが、路上で寝ている人を発見した場合に警察へ通報し、警察官がその場に到着するまで見守って事故を防ぐといいます。

 長野県警交通安全対策室の田中室長は、「夜間に起きやすい『路上寝込み』事故を防止するため、運転の『プロ』の目を借りたい」といいます。詳しく話を聞きました。

――「路上寝込み」事故が増えているのでしょうか?

 はい。「路上寝込み」事故は2017年に入って7件発生し、4人が亡くなっています。件数としてはそれほど多いわけではありませんが、長野県では2012年から2016年までの5年間で死亡件数は7件でしたので、今年に入って急に増えたことから事態を重くみています。

――やはり、酒に酔った人が多いのでしょうか?

 そのように認識しています。ただ、長野県では過去5年間で同事故の件数が29件と母数が少ないため、被害者の状態や、事故が起こりやすい場所、地域の傾向ということを具体的に断定するのは難しいのが実情です。

 しかしながら、夜間に多いことと、被害者が亡くなる可能性がとても高いということは断言できます。寝ている人をひいたドライバーは、衝撃も少ないことから瞬時に「逃げたい」と思ってしまう傾向があり、「死亡ひき逃げ」という交通事故で最も重い事案にもつながります。人の命がかかっていることからも対策を急ぎました。

ドライバーが気づいてからでは手遅れに

 この「路上寝込み事故」の件数を近年、大きく減らすことに成功した県があります。それは埼玉県。2008(平成20)年から2011(平成23)までは死亡件数で全国ワースト、2012(平成24)年にはワースト2位となる15人が亡くなっていたのが、翌2013(平成25)年には一気に5人まで減少し、2016(平成28)年は3人になっています。埼玉県警に話を聞きました。

――「路上寝込み」事故はどのようなときに、どのような場所で起こりやすいのでしょうか。

 本県で多発するのは夏で、特に水、金、土曜の夜間、日付が変わって木、土、日曜未明に多いです。場所としては、市道でかつ一本道、つまりクルマ通りの少ない住宅街の細い道などで多く発生しています。

――事故件数の減少には、どのような要因があるのでしょうか?

 寝込んでいる人を発見した場合の通報体制を強化したことが大きいです。2013(平成25)年に、県内のタクシーやバスといった交通事業者と事故防止に関する協定を結んだほか、自動車を5台以上保有する事業所の安全運転管理者を対象に講習会を実施するなどし、広く通報を働きかけました。

※ ※ ※

 長野県警も、「路上で寝ている人を発見したら、『自分も加害者になりかねない』と思って、すぐに通報していただきたいです」と話します。そして、「夜間に運転する場合は、前照灯のハイビームとロービームをこまめに切り替えましょう。ロービームでは、寝込んでいる人に気づいたとしても手遅れになる場合が多いです。状況によりロービームでしか走れない場合は、速度を抑えてください」といいます。

 また埼玉県警は、「もし、飲み過ぎた人をクルマで送る場合、可能であればその人を家の玄関まで送り届けてください。自宅近くまで送ってもらったにもかかわらず、それで安心しきったのか、家の前の道で寝込んでしまい、亡くなった人もいます」と話します。

 なお、道路で寝込むなどの行為は道路交通法で禁止されており、5万円以下の罰金とされています。

【画像】「路上寝込み」死亡事故、発生状況の傾向