「復刻チキン弁当」と「復刻深川めし」が発売されました。味はもちろん、パッケージも過去のデザインが再現されています。

「復刻」「歴史」がテーマ、NRE大増が開発

 日本レストランエンタプライズ(NRE)は2017年10月1日(日)、「復刻チキン弁当」と「復刻深川めし」を発売しました。

 価格はともに960円(税込)。JR東日本が主催する駅弁ランキングイベント「駅弁味の陣2017」の開催にあわせ、東京駅の「駅弁屋 祭 グランスタ店」などで11月30日(木)まで販売します。

「駅弁味の陣2017」のテーマが「復刻」「歴史」であることから、NREのグループ会社であるNRE大増が開発しました。パッケージも過去のデザインを再現しています。詳細は、次のとおりです。

●販売箇所
・東京駅:「駅弁屋 祭 グランスタ店」「駅弁屋 踊」
・上野駅:「駅弁屋 匠 エキュート上野店」
・新宿駅:「駅弁屋 頂」
・大宮駅:「駅弁屋 旨囲門 エキュート大宮店」

●「復刻チキン弁当」
・内容:発売から53年の歴史を持つ「チキン弁当」を1964(昭和39)年10月発売当時の内容で復刻。現在と異なり、二段重のパッケージ。鶏唐揚やトマト風味ご飯の味付けも当時を再現。
・品書き:鶏唐揚、ポテトチップス(うすしお味)、トマト風味ご飯(国産米)、甘酢生姜

●「復刻深川めし」
・内容:1988(昭和63)年より販売している「深川めし」を、2012(平成24)年まで販売していた内容で復刻。あさりの炊き込みご飯やハゼの甘露煮と、通常版の深川めしでは味わえないおかずを楽しめる。
・品書き:あさり炊き込みご飯(国産米)、味付穴子、ハゼ甘露煮、煮物(筍、蓮根、人参、蕗)、香の物(べったら漬、小茄子漬)

 NREは「この機会にどうぞ復刻版をお楽しみください」としています。

【画像】「復刻深川めし」のパッケージと内容