中央線の特急「スーパーあずさ」として、新型車両E353系がデビュー。太鼓が鳴り響くなか、出発していきました。従来のE351系からおよそ四半世紀ぶりの新車E353系、特に快適性が「現代の最先端」へ大きく進化しています。

2018年春には、全「スーパーあずさ」がE353系に

 JR東日本の新型車両E353系電車が、新宿〜松本間を結ぶ中央線の特急「スーパーあずさ」として2017年12月23日(土・祝)、運転を開始。松本駅(長野県松本市)と新宿駅において、その一番列車で出発式が開催されました(上りは松本6時51分発の「スーパーあずさ4号」、下りは新宿7時00分発の「スーパーあずさ1号」)。

「スーパーあずさ」の従来車両であるE351系は、ちょうど24年前、1993(平成5)年12月23日にデビュー。もう四半世紀近く前の車両で、テーブルもPCを置くことを想定していないような小さいものでしたが、新型のE353系は“現代仕様”に進化。全席にコンセントが用意され、テーブルはPCが置けるサイズ。インバウンドが増加するなか、荷物置き場が客室に設けられたほか、空気清浄機や防犯カメラも備えます。

 また、全車両へ動揺防止制御装置が設置され、カーブの通過速度を上げられる車体傾斜装置も、E351系の制御付き自然振り子式から、揺れの少ない空気バネ式に。新型のE353系は最高速度や所要時間こそE351系と同じですが、快適性・機能性が“現代の最先端”になっています。

「快適性に優れた新型車両に生まれ変わったことで、松本を玄関口としてより一層、広域的な誘客につながることに期待しています」(松本市長 菅谷 昭さん)

 E353系は2017年12月23日(土・祝)から、4往復の「スーパーあずさ」で運転開始(1、4、11、18、22、23、29、36号)。2018年3月17日(土)のダイヤ改正で、全ての「スーパーあずさ」がE353系での運転になる予定です。

 なお12月23日(土・祝)朝6時の時点で、新型のE353系を使う上り一番列車「スーパーあずさ4号」と、下り一番列車の「1号」と「11号」は普通車指定席、グリーン車ともほぼ満席。それ以外のE353系による「スーパーあずさ」も、グリーン車はほぼ満席だそうです。

 また速達性が高い「スーパーあずさ」ではなく、停車駅が比較的多い中央線の特急列車「あずさ」「かいじ」用では、2001(平成13)年にE257系電車が登場しています。